抜かない・削らない治療

ミニマルインターベンション

ミニマルインターベンション

ミニマルインターベンションとは、「低浸襲な治療」という考え方です。聞きなれない言葉だと思いますが、医療ではからだに有害になる可能性のある治療とそのレベルを「侵襲」と呼びます。それを可能な限り避けることが当院の治療方針です。すべての患者さまが歯科治療を前向きに考えていただけるように取り組んでいます。

抜かない治療

抜かない治療虫歯が進行して歯がグラグラとしていたり、歯が折れてしまって根の部分が損傷や細菌感染している場合、おそらく抜歯する必要があります。

しかし抜歯すると、空いたスペースにインプラントや入れ歯、ブリッジなどの人工の歯を入れる治療を行わなければなりません。とはいえ、どんなに治療がうまくできたとしても天然の歯と同じにはなりません。

当院では、歯の状態が悪くでも可能な限り歯を抜かない治療を検討します。レーザーを用いた根管治療や、時間をかけた治療をまずは行いましょう。抜歯は本当に最後の治療方法です。

削らない治療

抜かない治療歯を削ることは虫歯を直すのに必要なことです。とはいえ、不必要に健康な部分を削ることは歯の寿命を短くしてしまいます。当院では、できるだけ健康な部分を傷つけない治療を心がけています。

をどれだけ削っても、セラミックの詰め物やかぶせ物をすれば見た目にはわかりません。しかし、天然の歯に比べると噛み合わせも違ってきます。

虫歯を完全に取り除くことと、健康な部分をできるだけ残すこと。当院ではこのことを重視しています。