詰め物・被せ物

銀歯から白くて美しい歯に!セラミックの詰め物やかぶせ物

審美歯科

保険治療で用いる詰め物やかぶせ物は金属でてきているので見た目が気になるという人は少なくありません。

もし、見た目を美しくしたいと思われるならぜひセラミックを使った詰め物やかぶせ物に変えてみませんか?セラミックは自然な色合いを作り出すことができ、天然の歯と見分けがつきません。金属アレルギーの心配もありません。

さらに、神経を取り除いて黒ずんだ歯や、黄色く変色してしまった歯。形が不自然な歯もセラミックの歯で自然な色合いにすることができます。芸能人もこの方法を使ってキレイな歯を実現しているのです。

 

詰め物の種類

歯を削る量が少ない場合は詰め物を使って治療します。この方法には2つの種類があり、状況に応じて使い分けます。

  • セラミックインレー

    インレー削った所の型を取り、その型どおりにセラミックでできた詰め物を作成、埋め込みます。すり減ったり着色の心配がありません。

  • レジン充填

    レジン充填削った場所に歯科用のプラスチック素材(レジン)を流し込んで固めます。すり減ったり着色することがあります。

かぶせ物の種類

歯をほとんど削ってしまった場合はかぶせ物で治療します。金属を使用する方法と全く使用しない方法があります。

  • セラミッククラウン

    セラミックスクラウンすべての部分がセラミック(陶材)でできています。質感や色合いが自然で前歯に使っても違和感がありません。

  • メタルボンドクラウン

    メタルボンドクラウン金属の土台にセラミックを焼き付けています。耐久性はありますが透明感がないので奥歯の治療に適しています。

ラミネートベニア(つけ歯)

ラミネートベニア前歯の形を変えたいときに用います。歯の表面を薄く削り、その部分に薄いセラミックの板をはりつけます。

歯の隙間を解消することもできるので、矯正治療をしなくてもある程度前歯の形を整えることができます。

デメリットとして、健康な歯を少し削る必要があります。