歯周病

日本人の80%は歯周病!?あなたは大丈夫?

歯周病

「自分は歯ぐきから血が出ていないし歯周病ではない」と安心してしまうのは危険です。歯周病は血が出ていなくても進行しているのです。サイレントキラーとも呼ばれる歯周病は、自覚症状があまりなく気づいた頃にはかなり進行しているということも少なくありません。

日本はまだまだ予防のために歯科医院に通うという習慣がないので、知らず知らずのうちに歯周病が進行している人が多いのです。なんと成人で約80%が歯周病になっていると言われています。

歯周病について知っておこう

歯周病歯周病は、歯を支えている骨が細菌によって溶かされてしまう病気です。以前は歯槽膿漏と呼ばれることもありましたが、今では歯周病という名前で呼ばれるのが一般的です。

子どもたちが歯を失う理由として最も多いのは虫歯ですが、40代を過ぎると歯周病が歯を失う主な原因となっています。

歯周病の原因は何でしょうか?それは歯垢(プラーク)、つまり細菌の塊です。他にもさまざまなことが関係しているのですが、歯垢によって歯は溶かされてゆきます。

歯垢は毒素を生成しますが、それが歯ぐきに炎症をおこします。さらに骨を溶かしどんどんと深い部分にまで進行してゆきます。そして最終的には歯を失ってしまいます。

軽度の歯周病治療

歯周病軽周病がそれほど進行してない場合は、歯と歯ぐきの間にこびりついている歯石を取り除くだけで歯周病は完治します。

歯石は歯垢が石のように固まったものです。歯ブラシでは落とすことができなくので、歯科医院でスケーリングという歯石取りを行う必要があります。

とはいえ、何度も通院しなければならない治療ではありません。軽度であれば1時間程度の治療1回で終了します。ぜひ定期的に歯石取りをうけることをおすすめします。

中度の歯周病治療

ルートプレーニング歯周病が中度になると、歯と歯ぐきの間の歯石が奥深くまで侵入しています。治療法は軽度の場合とさほど変わりませんが、歯石を取るときに痛みがでるので麻酔をしてからの治療となります。

歯石と歯垢の除去が終われば、炎症を起こしていた歯ぐきにもハリが戻っていきます。歯と歯ぐきの隙間も小さくなってくるので歯垢も溜まりづらくなります。後は、定期的に歯石取りを行ってください。

歯周病が重度の場合

歯がグラグラするまで歯周病を放置していた場合、歯を支える骨がとけてしまっています。治療としてはその骨を回復させ、しっかりとした骨組織を作ることを目的にします。骨の移植、人工骨の補充、人工たんぱく質のエムドゲインやコラーゲン膜などをつかって再生治療を行います。

  • ①歯肉切開

    歯肉切開局所麻酔を行って歯茎を剥離、歯垢と歯石の除去・骨再生を行います。

  • ②処置後に縫合

    処置後に縫合切開した歯ぐきをキレイに縫合します。

  • ③歯周組織回復

    歯周組織回復数日後に抜歯、キレイに元通りにします。

  • 治療前レントゲン

    治療前レントゲン黄色部分歯槽骨が吸収部分している。

  • 治療後レントゲン

    治療後レントゲン骨が再生し歯が安定してきました。