痛くない親知らず抜歯

可能な限り痛くしない親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

新津田沼歯科クリニックでは、親知らずの抜歯を行うときにも可能な限り痛くない治療を行っています。特に重視しているのは親知らずを抜くときの治療時間。痛みの度合いは抜歯にかかる時間に比例するので、できるだけスムーズに歯を抜くことが大切です。

当院では、治療前のレントゲンによる診断に時間をかけ、入念な抜歯シミュレーションを行なうことによって時間短縮をめざします。

親知らずを抜く場合と抜かない場合の基準とは?

親知らず

親知らずは、正常に生えていれば抜歯する必要はありません。

しかし、少しだけ頭が出ている、横に生えている、隣の歯を押しているという場合、虫歯や歯並びを悪くする原因となるので抜歯したほうが良いでしょう。

初診では抜歯しません

親知らず当院では、基本的に初診のときは診断のみを行い、次回の治療の際に抜歯を行います。

もし初診の段階で腫ればひどく、痛みがガマンできないようであれば痛み止めと腫れを抑える薬を処方します。腫れが治まってから抜歯しましょう。

難しい症例の場合は大学病院での治療をご紹介していますのでご安心ください。

※治療の流れはお口の状況などにより変更になることがあります。

抜歯後のトラブルとは

歯を抜いた後のトラブルとして特に多いのが「ドライソケット」と呼ばれる症状です。

歯を抜いた後は、時間とともに症状が軽くなっていくはずです。しかし、数日後に抜いた場所がズキズキと痛くなることがあります。それがドライソケット。歯を抜いた部分には血の塊ができて穴をふさいでくれるのですが、血の塊がごっそり取れてしまうと骨がむき出しになって痛みがでるのです。

特にドライソケットになりやすいのが下の親知らずを抜いた場合です。5人から10人に1人はこの症状を訴えます。この場合の治療法としては、傷口に軟膏のガーゼなどを詰めてフタをしてキズが治るのを待ちます。抗生物質や消炎鎮痛剤も処方されるので痛みは大幅に軽くなってくるでしょう。

さらに、下の親知らずを抜いたときは、歯の根が下あごの神経に近い場所にあるので治療後に口唇の感覚が鈍くなる場合があります。通常はしばらくすると自然に治っていくのでご安心ください。