成人の歯並びについて

大人(成人)の歯列矯正とは?

おとなの歯列矯正矯正装置は目立つから抵抗を感じる方も少なくありません。

そんな方でも少しでも安心して矯正治療が行えるように、当院では透明の矯正装置、マウスピース矯正、歯の裏側から治療する舌側矯正を扱っています。

目立たない矯正治療が可能なのです。

おとな(成人)の歯列矯正のメリット

成人の歯列矯正小児矯正に比べると、選択できる矯正装置の種類が豊富です。金属の目立つ装置だけでなく、透明なマウスピースタイプ、歯の裏側に付けるタイプ、透明や白い装置などがあります。

また、一部の歯だけを矯正する部分矯正治療も可能です。

成人矯正治療の流れ

ortho_adult003

矯正を開始する最も良い時期と治療期間

矯正の治療期間と開始時期ページをご覧ください。

矯正中の歯みがきについて

矯正中のブラッシングについて矯正装置をつけていると、口の中は食べかすや歯垢がたまりやすい場所がたくさんできてしまいます。
また、歯みがきもしにくくなるので、正しい歯みがき方法でしっかり時間をかけて磨かないとすぐに虫歯になってしまうでしょう。

虫歯が進行してしまうと、矯正装置を外して治療しなければいけないこともあり、矯正治療を中断することにもなります。
そんなことにならないためにも、矯正中は装置に合わせた歯ブラシや他の道具を使い、普通以上に時間をかけて歯みがきをすることが大切です。

ブラッシングのポイント

歯ブラシ 歯ブラシ 

矯正装置は歯より出っ張っています。それで歯を上下に分けて磨いていきましょう。歯ブラシを歯面に対して角度をつけて、軽い力で横に往復磨きをしてください。鉛筆を持つように歯ブラシを持つと、適度な力加減で磨くことができます。

タフトブラシ タフトブラシ 

歯並びが悪く、普通の歯ブラシでは磨きにくい場所や矯正装置の周辺を磨くときに使います。

歯間ブラシ 歯間ブラシ 

歯並びが悪く、普通の歯ブラシでは届きにくい場所や矯正装置の周りを磨くのに適しています。ブラシの大きさは、隙間に無理なく入るものが良いでしょう。

デンタルフロス デンタルフロス 

隙間のない歯間で使います。歯間ブラシや糸ようじとも呼ばれるものです。歯ブラシの入らない隙間の歯垢もしっかりと掃除できます。

津田沼にて矯正無料相談実施中矯正無料パンフレットダウンロード

  • お電話でのご相談・お問合せは047-478-8841まで
  • メールでのご相談・お問合せはこちらをクリック