こどもの歯並びについて

子どもの歯列矯正とは?

子どもの歯列矯正子どもの歯列矯正は大人の矯正とは考え方が異なります。

あごの成長をうまくコントロールして、キレイな歯並びに整えていくという考え方で治療を進めていきます。

また、乳歯から永久歯に生え変わる時期には、成人矯正との違いを考慮した矯正治療がとても大切です。

子どもの時期から行なう矯正のメリット

子どもの歯列矯正お子さんの矯正治療は、あごの成長をうまくコントロールして利用しながら歯を動かしていきます。

無理に負荷をかけるのではなく、あごの成長にあわせた治療になるので、小児矯正では歯を抜く必要がありません。

小児矯正はいつから始めるべき?

幼児期の矯正治療の開始時期とポイント

幼児期の矯正治療乳歯が正しい方向に生えてくるか、それによって永久歯の歯並びが決まります。

将来に向けて幼児期から準備しておきましょう。

小学生の矯正治療の開始時期とポイント

小学生の矯正治療あごが正しく成長するためのサポートが必要です。

あごに適切なスペースがあれば、永久歯が正常に生えてきます。ですからこのタイミングの矯正が最も適しています。

中高生の矯正治療の開始時期とポイント

中高生の矯正治療高校生にもなるとあごの成長も終わり、骨格は成人とほとんど変わりません。

矯正治療も大人の矯正と変わらない治療となります。

小児矯正の流れ

ortho_child005

小児矯正の治療期間

小児矯正の治療期間ページをご覧ください。

矯正中の歯みがきの仕方について

矯正中のブラッシングについて装置をつけた後は、器具と歯の間に食べかすや歯垢が溜まりやすくなってしまいます。

また、ブラッシングもしにくくなるので、正しいブラッシングで時間をかけて磨かないとすぐに虫歯になってしまうでしょう。

とはいえ、小さなお子さまだけで完璧に歯を磨くことはまず不可能と言ってよいでしょう。親御さんの協力が絶対に必要です。お子さまと二人三脚で歯みがきを行ってください。また、歯磨き後はできるだけ褒めてあげるようにしてください。

ブラッシングのポイント

歯ブラシ 歯ブラシ 

矯正装置は歯より出っ張っています。それで歯を上下に分けて磨いていきましょう。歯ブラシを歯面に対して角度をつけて、軽い力で横に往復磨きをしてください。

鉛筆を持つように歯ブラシを持つと、適度な力加減で磨くことができます。

タフトブラシ タフトブラシ 

歯並びが悪く、普通の歯ブラシでは磨きにくい場所や矯正装置の周辺を磨くときに使います。

歯間ブラシ 歯間ブラシ 

歯並びが悪く、普通の歯ブラシでは届きにくい場所や矯正装置の周りを磨くのに適しています。ブラシの大きさは、隙間に無理なく入るものが良いでしょう。

デンタルフロス デンタルフロス 

隙間のない歯間で使います。歯間ブラシや糸ようじとも呼ばれるものです。歯ブラシの入らない隙間の歯垢もしっかりと掃除できます。

津田沼にて矯正無料相談実施中矯正無料パンフレットダウンロード

  • お電話でのご相談・お問合せは047-478-8841まで
  • メールでのご相談・お問合せはこちらをクリック