矯正装置のご紹介

金属で目立つ矯正装置は使いません

  • マウスピース矯正
  • 歯の裏側矯正装置
  • ホワイト矯正装置

矯正装置の種類矯正治療は数年単位での治療となります。その間、患者さまが少しでも快適に過ごされることが当院の願いです。それで、当院では子どもの矯正、大人の矯正を問わず金属で目立つ矯正装置は使用しておりません。

患者さまのライフスタイルに合わせて透明や白色の目立たないタイプ、矯正治療をしていることすらわからない舌側矯正などもあり、さまざまな種類から選択可能です。

取扱い矯正装置のご紹介

マウスピース矯正(クリアライナー、インビザライン)

クリアライナー、インビザラインワイヤーを使うのではなく、自分で取り外し可能なプラスチック製のマウスピースで行なう矯正です。

食事のときや歯みがきのときには取り外し、その他の時間は常に装着します。当院で最も人気の高い矯正装置です。

インビザライン、クリアライナーなどの透明な矯正装置

メリット ・金属アレルギーの心配がない
・異物感や話しにくさがない
・食べ物が挟まったりしない
デメリット ・乳歯が残っている場合は使えない
・歯並びを大きく動かす場合は使えない
・歯を抜く必要のある症例には使えない
  • インビザライン

    invisalign

  • オペラグラス3D

    operaglass3D

舌側矯正装置(歯の裏側につける矯正装置)

舌側矯正装置金属製の矯正装置を使用しますが、歯の裏側につけているので表から見えません。

矯正をしたいけど、他の人に装置をつけていることを知られたくない、職業柄表側矯正ができない人には舌側矯正をおすすめします。

歯の裏側に矯正器具を装着した治療写真

メリット ・矯正装置が見えず、矯正しているかわからない
デメリット ・歯の裏側に装置をつけるので発音・歯磨きしづらい
・表側の矯正器具に比べると、費用も治療期間も多めにかかる

プラスティック・セラミック マルチブラケット

プラスティック・セラミック マルチブラケット矯正装置がプラスチックやセラミックでできています。半透明や白色なので、ほとんど目立ちません。

この矯正装置は、金属製のものと同様、歯に装着して真ん中の溝にワイヤーを通します。

当院の成人矯正ではワイヤーも白いものを使っているので目立ちません。治療期間も金属製のブラケットと同じです。

メリット ・矯正装置が歯の色と同じ白色なので目立ちにくい
・金属の装置と治療期間が変わらない
デメリット ・舌側矯正よりは目立つ

こども用の矯正装置

小児矯正の装置

小児矯正でも金属製の装置は使用せず、目立ちにくい装置を使っています。

子どもはあごが小さく成長段階ですから大人が使用する装置とは異なります。

リテーナー(保定装置)

リテーナー(保定装置)

歯並びがキレイになり、矯正装置を外した後に使う装置です。この装置をつけることによって、歯並びが後戻りすることを防ぎます。一度キレイになった歯並びも放っておくとすぐに後戻りしてしまいます。それを防ぐために、歯みがきと食事以外の時間は常にリテーナーを使用してください。

リテーナーを付けるようになれば通院期間は2,3ヵ月に1度程度で済みます。歯並びが固定してきたら夜だけ使う、2日に1回つかう1週間に1回使うというように徐々に頻度を少なくし、最終的には外します。

津田沼にて矯正無料相談実施中矯正無料パンフレットダウンロード

  • お電話でのご相談・お問合せは047-478-8841まで
  • メールでのご相談・お問合せはこちらをクリック