治療期間と開始時期

子どもの歯並び矯正の治療期間や開始時期

小児矯正の治療期間はどのくらい?

子どもの歯並び矯正の治療期間治療の期間は開始時期や歯並びの状況によってさまざまですから、一概にどのくらいかかるとは言い切れません。

ですからあくまで目安となりますが、月1回の調整で初期治療が約1年半。それから永久歯が生えてきて必要であれば本格矯正を行います。

ただし、約半数のお子さまは初期治療のみで矯正治療が終わります。

症例によって治療期間は大きく変わるのでまずはお気軽にご相談ください。

子供の歯並び矯正はいつ頃から始めるべき?

子どもの歯並び矯正の開始時期小児矯正は、初期治療(骨格矯正)と正しい噛み合わせに調整してゆく本格治療(歯列矯正)の2段階治療が一般的です。

初期治療は、5歳から12歳までの乳歯と永久歯が混じった時期が中心です。歯並びをキレイにするというよりも成長が活発な時期にあごの大きさを調整し、バランスを整えたり、正常なあごの発育にさせるための治療が中心です。

本格治療は、乳歯がすべて抜けた12歳ごろから成人までの時期に行います。

中高生の矯正治療カウンセリングや検査の結果次第で、すぐに治療を始めることができる場合と、もう少し時間を置いたほうが良い場合があります。

さらに、早い段階で治療を行えば簡単な治療で終わる方もいれば、大人になってからの矯正治療で十分な方もいます。

大人の歯並び矯正の治療期間と開始時期

大人の歯並び矯正の治療期間はどのくらい?

大人の歯並び矯正の治療期間歯並びによってさまざまですが、目安としては1年半から2年はかかるでしょう。

矯正後は歯並びがもどってしまわないように、リテーナーという装置を装着していただきます。

3ヵ月に1度のチェックで約2年間装着する必要があります。

大人の歯列矯正はいつ頃から始めれば良い?

成人矯正の開始時期お口の中の歯と骨が健康的な状態であれば、60歳以上であっても矯正治療は可能です。逆にお口の健康状態が悪ければ20歳でも治療が困難になります。

基本的にはいつから始めても問題ありませんが、早い段階で始めたほうが歯が動きやすいなどの効果を得ることができるでしょう。

津田沼にて矯正無料相談実施中矯正無料パンフレットダウンロード

  • お電話でのご相談・お問合せは047-478-8841まで
  • メールでのご相談・お問合せはこちらをクリック