津田沼での虫歯の治療なら新津田沼歯科クリニックへ

投稿日:2015年5月19日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

※これはホームページリニューアル前の過去ブログです。※

津田沼にて日々、歯科診療をしております新津田沼歯科クリニックです。
歯医者での治療、と言って皆様が真っ先に思いつくのは虫歯だと思われますが、実は虫歯による歯の痛みには進行具合により何種類かに分かれます。

まず一つ目は、冷たいものがしみる場合です。虫歯が歯の一番外側のエナメル質を侵蝕し、その次の象牙質という部分まで達している場合に、このような症状が表れます。
程度により、薬を塗ったりレーザーで処置をしたり、虫歯の部分を取り除き詰め物をするといった治療が施されます。

2つ目に、象牙質への虫歯の侵蝕がもっと進み、神経部分まで少し影響を受けている場合には、温かいものがしみるようになります。
この場合には虫歯を削り、神経付近の痛みを抑える薬をおく等の処置を行い、後日詰め物をする場合が多くなります。

歯科医院では、患者様の自覚症状をお伺いすることで、ある程度の判断をいたしますが、最終的にはレントゲン等の様々な診査を行い最善の治療法を決定いたします。
虫歯については、引き続きまたお話いたします。