当院の診療科目と歯周病の治療について

投稿日:2015年5月19日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

※これはホームページリニューアル前の過去ブログです。※

新津田沼歯科クリニックでの診療科目は、一般歯科、矯正、審美歯科、小児歯科、インプラントが主です。
また、歯周疾患などに対する予防や、必要であればレーザー治療も行っております。
当院での歯周病の流れについてお話しましょう。

歯周病とは歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。
以前は「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、今では「歯周病」という呼び名が一般的になってきました。

若い時に歯を失うのは虫歯が多いのに対し、40代を過ぎてから歯を失うのはこの「歯周病」が原因となることが多く見受けられます。
当院ではまず、患者様の現在の状態や悩み、これまでの経過など今後治療を行っていく上で必要な情報を患者様にお伺いします。

その後、レントゲンを撮ったり、歯周ポケットの深さを計ったりと歯周病の状態を検査いたします。
そこで、回復不能とされた歯は無理に残しておくと健康な歯に影響を与えてしまうので抜歯しますが、プラークコントロール指導や歯周病の外科治療、処置を行っていきます。

治療後は定期的なメンテナンスが必要となりますので、定期検査などを受けていただきたいと思います。