津田沼の新津田沼歯科クリニックで妊娠中の歯科相談

投稿日:2015年5月19日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

※これはホームページリニューアル前の過去ブログです。※

妊婦さんからよくある歯科治療についての質問にお答えしたいと思います。
親しらずが痛み出したらどうしましょう、というご質問を受けます。

まずは当医院にて検診を受けましょう。
妊娠中は歯肉炎を起こしやすく、親しらずが問題になりやすい年齢でもあります。
分娩後まで歯科治療を延期できるようであれば、それにこしたことはありません。

抜歯が必要と診断されたら安定期に処置を行います。
すぐに歯を抜歯しない場合は、消毒などにより腫れや痛みを和らげるように努めます。
また麻酔を使う事についてもよく質問がありますが、通常の歯科治療で利用する局所麻酔の薬液量は問題ありません。さらに必要最小限の薬液量にとどめます。
注射をした場所で分解されるので、胎児への影響を心配する必要はありません。
妊婦さんへの麻酔時の痛みを最小限に抑えストレスを与えないように気を付けます。

ただし局所麻酔薬でアレルギーなどを起こしたり、気分が悪くなったことがある場合は事前にお申し出ください。