新津田沼歯科クリニックの小児歯科について

投稿日:2015年5月19日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

※これはホームページリニューアル前の過去ブログです。※

歯医者さんに行くことは、大人になっても歯医者さんだけは苦手と言われる方が多いのが現状ですが、お子さんにとっては、大人以上に苦手で怖いところ、痛いところなどのイメージが強いことです。
小児歯科とは、乳幼児期から永久歯が生えそろう12歳から13歳の学童期の小児に対して歯の治療や予防処置、永久歯の噛み合わせなど口腔機能についての発育をうながし、健康で美しい歯を育てていくための指導や治療を行う歯科の事を言います。

大人でも怖くて苦手な場所の代名詞でもある歯科、口の中でどんなことをされているのかもわからず、怖くて緊張してしまうのはお子さんにとっては仕方の無いことです。
時には、大泣きしたり口をうまく開けられなかったりするお子さんも少なからずおられます。

新 津田沼歯科クリニックでの小児歯科の治療は、お子さんの年齢、虫歯の状態、性格などをよく理解し、押さえつけて治療をするのではなく、まず歯科に来て診察 室の雰囲気や先生、スタッフに慣れてもらうことから始まります。そして、自分の受ける歯の治療器具にも慣れてもらう事も大事なことです。

誰だって口の中でどんなことをされるのか不安で心配になってしまいます。
しっかり説明してお子さまにも理解していただき、安心して治療を受けられる環境作りから虫歯治療の第一歩は始まります。