虫歯予防には3つのポイントがあります。

投稿日:2015年5月19日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

※これはホームページリニューアル前の過去ブログです。※

虫歯は自覚症状のないうちから進行していきます。
歯の表面に色素沈着が見られたり歯のエナメル質がざらざらしてからでも早急に処置すれば、痛みも少なく完治できます。
しかし歯が冷たいものによってしみたりしだすと、痛みもあり治療に時間がかかることがあります。

このように少しずつ確実に進行する虫歯には早期発見と早期治療が大切です。
しかし日頃の虫歯予防が最も大切で有効です。

虫歯になる原因には歯の強さだけでなく虫歯菌や砂糖の摂取、時間があります。
この4点のコントロールがうまくいかなくなると虫歯になってしまうのです。

虫歯予防のためには丁寧な歯磨きやフッ素の使用だけでなく、甘い物の摂取を制限することにあります。
フッ素の利用は世界標準となっており、この3点の利用が虫歯予防の基本とされています。