銀歯と白い歯

投稿日:2015年5月19日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

※これはホームページリニューアル前の過去ブログです。※

ご無沙汰しております。2週間ぶりの新津田沼歯科通信更新です。
今回は、銀歯と白い歯について書いていきます。

歯を削った時にそこに詰め物をしますが、この詰め物、大きく分けて金属のものと、セラミック製のものの2種類があります。

金属はいわゆる銀歯と金歯ですね。セラミック製のもとは、白い陶材でできたもののことで、天然歯に限りなく近い見た目を表現することができ、さらに生体親和性に優れるので、人体や対になる歯に悪影響を及ぼすことはありません。

一 方、銀歯は金属アレルギーの方はアレルギー反応が出てしまったり、歯ぐきや歯が黒くなる変色の原因になったり、天然歯との境目が変形して、そこからむし歯 になりやすくなったりします。金歯は金属アレルギーの心配はなく、硬度も適度に柔らかいので、変形や対になる歯を痛めることはありませんが、見た目はかな り目立ちます。

上記を見るとセラミック製の詰め物、かぶせ物が金属の歯に比べて優れていることがわかりますね。でも、セラミック製の歯は保険が適用されない自費診療となります。

当院では、詰め物かぶせ物を必要とする患者さまには治療法の選択肢として上記のようなメリットデメリットをしっかりお話します。治療費に余裕がない場合は銀歯で、余裕がある場合はセラミックをオススメします。

もちろん、最後に決めるのは患者さまですから、ムリにオススメすることはありませんが、患者さまが治療法の選択肢を全て理解された上でないと判断できないと思いますので、別け隔てなく、すべての選択肢をお話するように心がけております。

銀歯が気になる、歯を白くしたい、金属アレルギーだけれど、銀歯が入っているなどなど該当される方は、ぜひ、新津田沼歯科クリニックへご相談ください。