歯周病について

投稿日:2015年5月19日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

※これはホームページリニューアル前の過去ブログです。※

ご無沙汰しております。ひさびさの新津田沼歯科通信更新です。
今回は、歯周病について書いていきます。

歯周病は歯肉炎と歯周炎の総称で、以前は歯槽膿漏と呼ばれていましたが、今は歯周病と呼ばれることが多いです。

歯肉炎は、歯ぐきの炎症が起こっている状態で、歯周病の中では比較的軽度に該当しますが、
歯周炎は、その炎症が広がり、歯槽骨と呼ばれるアゴの骨を破壊していきます。
破壊された歯槽骨をもとに戻すことはできず、その影響で歯ぐきは痩せ、歯の部分が多く露出しだし、
歯が伸びたようにみえてきます。歯ぐきが下がっている状態ですね。

また、歯周病はサイレントディジーズと呼ばれるくらい、自覚症状がほとんどない病気です。
少し歯ぐきから血が出ている、少し歯ぐきが腫れている、少し歯ぐきが下がってきているなど、
痛みを伴わない状態でドンドン症状が進行してしまうため、いかに早く歯科医院にて治療をするかが大事になってきます。

こういった病気を予防するために、何度もオススメしている定期検診に来ていただきたいのです。
新津田沼歯科クリニックでは、定期検診による歯のクリーニングや歯周病チェックを行っておりますので、
ぜひ、お気軽にご来院ください。