土台について

投稿日:2016年1月20日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

こんにちは、歯科医師の久保です。

今日は土台の話をしていきますね。

歯の土台とは、虫歯が大きくて止むを得ず神経の治療を行った際、使用する歯科材料の1つです。本来、神経と呼ばれるところには、歯に栄養を運ぶ血管が通っていますが、神経が無くなると血液からの栄養が途絶え、歯は脆く弱くなります。そこで、歯の寿命を延ばす為に土台が必要になります。

当院での土台は、2種類あります。

◯ファイバーコア(樹脂製の土台)
しなりのあるグラスファイバーの芯を使った土台です。最大の利点は、歯の破折を防ぐことです。神経が無くなり脆くなった歯は割れやすく、割れた場合は抜歯となります。

◯金属コア(金属の土台)
保険診療で行われる歯の土台は主に銀合金が使われます。銀合金は性質上、硬くてしなりがないため、歯が割れやすくなったり、歯や歯茎に浸透し黒くなったりします。

2つを比較すると、保険適用は残念ながら金属コアだけになりますが、歯の将来を考えると歯の破折を防ぐと言う点でファイバーコアの方が断然優れているのです。

気にはなっていたが放置していた虫歯たち、気づいた時には既に大きくなっていたなんてことはよくあります。しかし、神経の治療となってしまった時こそ、歯科材料にもこだわってみて下さい。その歯の将来を考えた治療をしていきたいですね。

いつでもご相談ください( ´▽`)♩

■ 他の記事を読む■