かかりつけ薬剤師について

投稿日:2016年11月21日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

こんにちは。歯科助手の和田です(^O^)
私は普段、薬学系の大学に通っているのですが、
この間、大学で学祭が行われました!
私のサークルでは「かかりつけ薬剤師」をテーマに研究発表をしました。
みなさん、かかりつけ薬剤師をご存知ですか?
かかりつけ医師なら聞いたことあるけど……
って人、多いのではないでしょうか?

現在は、受診した医療機関(内科、歯科、眼科など)の近くの薬局で
薬をもらうという人が多いと思いますが、
どの医療機関を受診しても、同じ薬局、
同じ薬剤師に処方してもらうというのが、かかりつけ薬剤師のシステムです。

かかりつけ薬剤師は、その患者さんが服用している薬や体質などを全て把握し、
副作用などが出ないようにきちんと注意して薬を調剤してくれるので、
たくさんの薬を飲んでいる人は特に、安心なのです!
何か薬のことで心配なことがあれば、いつでもその薬剤師に相談することができます。

また、かかりつけ薬剤師じゃなくても、おくすり手帳を持つこともおすすめです。
薬剤師はそれを見れば、患者さんが飲んでいる薬や、
今まで出た副作用などがわかるので、同じ副作用などが出ないようにしてくれます。
この機会に、おくすりの受け取り方についても考えてみてくださいね(^O^)!