キシリトールの効果

投稿日:2017年3月27日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

こんにちは!歯科助手の和田です。
今回は、『キシリトール』についてお話ししたいと思います。
キシリトールは、糖アルコールと呼ばれるものの一種で、
低カロリー甘味料としてガムやタブレットに含まれています。

虫歯菌は砂糖をエサにして繁殖し、虫歯を引き起こします。
キシリトールは、甘味度は砂糖と同じくらいですが、
虫歯菌のエサにはならないので、虫歯の原因になりません。

また、キシリトールは砂糖と同じくらいの甘味度なので、
味覚を刺激し、唾液の分泌を促します。
さらに、ガムの場合は噛むことによっても唾液が出ますね。
この唾液も、虫歯の予防に役立つのです。

これらのことから、キシリトール入りのガムを噛むことは、
虫歯の予防につながると言えます(^O^)
ガムなどを虫歯予防として利用するには、
商品の成分表示で、糖類が0gであることも
確認してくださいね。

しかし、もちろん、ガムを噛むだけで虫歯にならないというわけではありません。
毎日の歯磨き、正しい食生活(ダラダラと間食をしない)、
歯医者さんでの定期検診などをしっかりと行った上で、
さらに効果を高めるのがキシリトールです!

この機会に、虫歯予防についても少し見直してみませんか?
当院では、歯科医師や歯科衛生士が定期検診や歯ブラシ指導を行っております。
お気軽にご相談ください(^O^)