歯周病とアルツハイマーの関係性

投稿日:2017年7月31日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

7月も終わりいよいよ夏本番です。
近日は、暑い日々が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、歯科医師の古川です。
今回は、歯周病に関する新しい研究である、
歯周病とアルツハイマー病の進行が関連することをお伝えします。

アルツハイマー病とは、脳の細胞が死んでいく病気で認知症の約70%が、罹患しています。
また、日本人の成人の約80%が、歯周病に罹患しているそうです。(日本歯周病学会より)

この二つの関係性は、酪酸です。
歯周病菌が酪酸を作り、歯周ポケットの血流に乗って、脳の海馬に到達します。

海馬に到達すると、鉄分子を過剰に生産して、脳細胞が死んで減ってしまいます。
海馬の脳細胞が減ることでアルツハイマー病になるのです。

健常の歯周ポケットに比べて、歯周病の歯周ポケットには、10-20倍の歯周病菌がいます。
ですので、十分に歯周病とアルツハイマーは関係するという研究の結果が分かりました。

皆さん、暑くて大変な時期ですが、歯のお掃除も忘れず歯の定期検診にいらしてみて下さい。