こどもの歯並びについて

子どもの歯列矯正とは?

子どもの歯列矯正子どもの歯列矯正は大人の矯正とは考え方が異なります。

あごの成長をうまくコントロールして、キレイな歯並びに整えていくという考え方で治療を進めていきます。

また、乳歯から永久歯に生え変わる時期には、成人矯正との違いを考慮した矯正治療がとても大切です。

子どもの時期から行なう矯正のメリット

子どもの歯列矯正お子さんの矯正治療は、あごの成長をうまくコントロールして利用しながら歯を動かしていきます。

無理に負荷をかけるのではなく、あごの成長にあわせた治療になるので、小児矯正では歯を抜く必要がありません。

小児矯正治療の注意点

症例によっては歯を大きく移動させるため、痛みや違和感を強く感じることがあります。また、治療期間が長くなりますので、モチベーションが保てないことなどの問題がございます。

特に、固定式の装置は脱着が出来ないため、歯磨きやお食事の際に煩わしさを感じやすく、歯磨きが難しいので虫歯になりやすいなどのリスクが高くなります。

親御様が仕上げ磨きを行うなど、ご家族でサポートをしてあげましょう。

小児矯正はいつから始めるべき?

幼児期の矯正治療の開始時期とポイント

幼児期の矯正治療乳歯が正しい方向に生えてくるか、それによって永久歯の歯並びが決まります。

将来に向けて幼児期から準備しておきましょう。

小学生の矯正治療の開始時期とポイント

小学生の矯正治療あごが正しく成長するためのサポートが必要です。

あごに適切なスペースがあれば、永久歯が正常に生えてきます。ですからこのタイミングの矯正が最も適しています。

中高生の矯正治療の開始時期とポイント

中高生の矯正治療高校生にもなるとあごの成長も終わり、骨格は成人とほとんど変わりません。

矯正治療も大人の矯正と変わらない治療となります。

小児矯正の流れ

ortho_child005

小児矯正の治療期間

小児矯正の治療期間ページをご覧ください。

矯正中の歯みがきの仕方について

矯正中のブラッシングについて装置をつけた後は、器具と歯の間に食べかすや歯垢が溜まりやすくなってしまいます。

また、ブラッシングもしにくくなるので、正しいブラッシングで時間をかけて磨かないとすぐに虫歯になってしまうでしょう。

とはいえ、小さなお子さまだけで完璧に歯を磨くことはまず不可能と言ってよいでしょう。親御さんの協力が絶対に必要です。お子さまと二人三脚で歯みがきを行ってください。また、歯磨き後はできるだけ褒めてあげるようにしてください。

ブラッシングのポイント

歯ブラシ 歯ブラシ 

矯正装置は歯より出っ張っています。それで歯を上下に分けて磨いていきましょう。歯ブラシを歯面に対して角度をつけて、軽い力で横に往復磨きをしてください。

鉛筆を持つように歯ブラシを持つと、適度な力加減で磨くことができます。

タフトブラシ タフトブラシ 

歯並びが悪く、普通の歯ブラシでは磨きにくい場所や矯正装置の周辺を磨くときに使います。

歯間ブラシ 歯間ブラシ 

歯並びが悪く、普通の歯ブラシでは届きにくい場所や矯正装置の周りを磨くのに適しています。ブラシの大きさは、隙間に無理なく入るものが良いでしょう。

デンタルフロス デンタルフロス 

隙間のない歯間で使います。歯間ブラシや糸ようじとも呼ばれるものです。歯ブラシの入らない隙間の歯垢もしっかりと掃除できます。

小児矯正:治療費

※下記すべて税別となります。また治療期間、回数はあくまで目安で症状により変動します。

(目安治療期間:3~36ヶ月 治療回数:3~36回)

診療科目 内容 料金
初診相談料
他の医院で矯正を行っている方の治療相談料¥5,000となります。 無料
※左欄をご覧下さい
検査診断代 レントゲンや模型などの資料を取り、診断をして、診断結果を患者さまにお話しするまでにかかる費用です。相談は無料で行っているので、当日に検査をした場合 は料金のご用意がないと思います。その場合、当日は内金5,000円、次回来院時に残金をお支払いして頂いております。
※検査後、診断を受けずに治療を中止するといった場合も、検査をした時点で検査代35,000円が発生しますので、残金がある場合でもお支払いして頂きます。
¥35,000
子供の矯正治療(混合歯列期) 第一段階 第一段階 ¥350,000
第二段階 第二段階 ¥400,000
子どものインビザライン 子どものインビザライン ¥400,000
保定装置(リテーナー)料 矯正治療できちんと噛み合わせた歯列を保っておくための装置です。
※もし、不注意で装置を失くしたり、壊したりした場合は、保定装置料をいただくことがありますので、リテーナーは大切に扱うようにしてください。
無料
チェック料(処置料) 定期的な治療をする毎にかかる再診料です。治療に使った物の種類や個数によって変わることはありません。 ¥5,000
経過観察料 第一段階と第二段階の間(永久歯への生え変わりの時期)の定期検診にかかる料金です。 ¥3,000

※1段階目の矯正治療終了後、2段階目(大人の矯正治療)が必要な場合は、その差額分の料金が発生します。

※月1回の診察の他に、装置が外れた、ワイヤーがあたって痛いなどの急患処置の場合、料金は無料です。

※検査診断代や処置料、保定装置代、経過観察料以外の、矯正の基本料金は、治療に使う装置の数やワイヤーの本数などに関係なく一律になります。こちらは、患者さまの何らかの理由により、治療途中で装置を外すことになっても、基本矯正料は全額かかることになります。もし転居などがある場合はご相談ください。

津田沼にて矯正無料相談実施中矯正無料パンフレットダウンロード

  • お電話でのご相談・お問合せは047-478-8841まで
  • メールでのご相談・お問合せはこちらをクリック