無痛治療

できるだけ痛くない治療をめざすために

歯科医院での治療は「痛い」と思っていませんか?新津田沼歯科クリニックでは、多くの人が感じている治療は痛いというイメージを無くすことを心がけています。

もしかすると「無痛治療」という言葉を聞かれたことがあるかもしれませんが、すべての治療を無痛で行なうことはできません。しかし、「できるだけ痛くしない」治療を行うことは可能なのです。

ここでは、当院の無痛治療への取り組みをご紹介します。

 

レーザー治療

レーザー治療歯の治療には、レーザーを使用した治療があります。レーザー治療は鎮静・殺菌・消毒・止血・消炎といった多くの治療に使うことができ、しかも痛みをあまり感じない治療です。

当院には、炭酸ガスレーザーと、半導体レーザーという2つの種類のレーザー治療器があります。それぞれの特性を活かして使い分けます。

無痛治療をめざす当院にとって、無くてはならない機器といえるでしょう。

塗る麻酔

nopain_4_歯科治療でも特に痛いのが麻酔です。麻酔さえかかってしまえば、その後の治療は痛みをほとんど感じません。どうすれば、麻酔注射での痛みを抑えることができるのでしょうか?

それは、注射する部分を麻痺させることです。

麻酔と聞くと注射での麻酔をイメージされるかと思います。しかし、表面に塗る麻酔というものがあるのです。まず注射を打つ部分に塗る麻酔を使い、患部が麻痺してから注射を打つ。

そうすると、痛みをかなり抑えることができます。

できるだけ痛くしない治療をお望みの方はぜひお申し付けください。

超極細の麻酔針と電動麻酔器

麻酔塗る麻酔薬によって注射による痛みをかなり抑えることができますが、当院ではさらに注射針の細さもこだわっています。

注射針はければ細いほど痛みも少なくなります。例えば鍼灸治療で使用する針はかなり細いので、治療でも痛みをあまり感じません。注射器の針は、麻酔液が通るので鍼灸の針まで細くすることはできませんが、当院では歯科麻酔針で最も細い針を使っています。

さらに、麻酔液の注入スピードも痛みに関係しています。当院では、電動麻酔器を使用して、一番痛みの少ないスピードで麻酔液を注入することができます。