小児歯科

キッズコーナー完備!楽しくご来院していただけます

キッズスペース小さなお子さまが少しでも当院に楽しく通っていただけるように、キッズスペースを完備しています。おもちゃや絵本もあります。

頑張って通ってくれているお子さまにご褒美をあげることで、歯科医院を好きになってほしいと思っています。

キッズコーナーについて詳しく見る>>

お子さんの歯が虫歯菌に感染しやすい時期って?

小児虫歯

生まれたばかりの子供の口内には、虫歯の原因となる細菌は、存在しません。生活を共にして行く中で、家族の唾液などから感染してしまうのです。特に、感染しやすい「感染の窓」と呼ばれる、1歳後半~2歳半位までの時期はお子さんの歯が生え始める大事な時なので、特に注意が必要です。お子さんの歯を、できる限り虫歯にしない為にも、家族で予防に取り組む事が重要となります。

乳歯の虫歯も早期発見・早期治療

子供の虫歯当院では、定期検診を行い、お子さんの乳歯に虫歯を発見した際には、なるべく早い段階で治療を行っています。

乳歯は、いずれ抜けて、永久歯になるから大丈夫だと思われがちですが、虫歯は菌の感染症ですので、次に生え変わる永久歯にも感染の可能性があります。お子さんの永久歯が、健康な状態を保てるようにしっかり治療を行っていきます。

シーラントによる虫歯予防は小児歯科の基本

シーラント症例

永久歯が生えたタイミングで、歯の溝を、フッ素配合のプラスチック樹脂で埋めるシーラント充填をおすすめしています。予め、歯の溝を埋める事で、磨き残しをなくし予防を効果的に行えるようにしています。

フッ素塗布で強い歯

子供の虫歯当院では、奥歯に永久歯が生えて来たお子さんには、フッ素の塗布をお勧めしてます。

生えたばかりの歯は、虫歯菌などの細菌に対して非常に弱いです。歯質がしっかり出来上がっていないので、虫歯になりやすく、更に進行も早い特徴があります。フッ素で、コーティングをし歯質を強くしましょう。

お子さんの歯並びが気になったら

咬合誘導

お子さんの歯並びが気になる方には、乳歯から永久歯に生え変わるタイミングで行なう、咬合誘導と言う治療をお勧めしています。現在、食べ物の軟化が進み、固いものを食べる機会が減った事で、お子さんの顎が正常な発育をせずに、大きな永久歯が生える事で、歯列が乱れる事が多くなっています。

咬合誘導とは、お子さんの成長に合わせ、顎や筋機能を正常な発育状態に促し、永久歯が綺麗に並べる土台を整える方法です。既に、骨格が完成されている大人には、出来ない治療法で、発育段階のお子さんにしか行えない治療といえます。お子さんの、歯並びや顎の大きさが気になる方は、是非ご相談下さい。

習志野市津田沼で将来を見据えて小児歯科をご希望の方は当院へ

小児歯科

新津田沼歯科クリニックの小児科では、お子様に現在だけに留まらず成長を加味した将来の状態も見据え様々な予防や治療法のご提案・ご提供を行っております。さらに、お子様が感じる歯医者への不安や恐怖にも配慮した取り組みなどにも力を入れております。習志野市津田沼で親子で安心して通院できる歯医者をお探しの方は、ぜひ当院までお気軽にご来院下さい。