虫歯の治療・ケア

痛くない虫歯治療のために行っていること

痛くない虫歯治療

昨今では、歯科医療も発展し、従来感じていた麻酔の痛みなどを和らげる為の様々な器具や技術が開発されています。当院では、歯科治療の痛みの代名詞とされる「麻酔」の痛みをなるべく抑え、患者さんに快適な気持ちで治療を受けて頂けるよう心掛け処置を行っています。

  • 塗る麻酔で針がささる時の痛みを緩和

    塗る麻酔
    当院では、麻酔針がささる時の痛みを緩和するために、塗る麻酔を使用し、感覚を鈍らせてから注射を行っています。塗るタイプの麻酔なので痛みはありませんので、ご安心下さい。

  • 温度差による痛みを緩和

    麻酔の温度管理
    麻酔液は、体温に近い方が痛みを感じにくいため、人肌まだ温める事ができる器具を使用し注入時の痛みを緩和しています。

  • 一定の負荷で注入を行い痛みを緩和

    電動麻酔
    急激な負荷をかけて麻酔液を体内に注射すると、痛みが大きくなるため、電動麻酔器を使用し、注入する圧力をゆっくり一定に保つ事で痛みを緩和しています。

  • 極細針で痛みの緩和

    極細針麻酔
    麻酔注射の際に、針が刺さる感覚をできる限り感じさせないために、当院では、極細針を使用し針がささる瞬間の痛みを緩和しています。

痛くなってからでいいの?虫歯治療のタイミングとは

虫歯虫歯は大きくなると放っておいても治ることはありません。しかし、できるだけ早く治療すれば、削る部分を少なくできます。抜歯をする必要もありませんし、天然の歯に負担をかけることもほとんどありません。できるだけ早くご来院ください。

虫歯は放置していると、徐々に奥深くまで進行してゆきます。神経が侵されると根の治療や最悪の場合抜歯せざるをえなくなります。そうなるとインプラントや入れ歯での生活しかありません。しっかり噛むことができる天然の歯でいつまでも過ごしたいですよね。

根管治療で歯を抜歯せずに存続可能に

虫歯

重度の虫歯になると、歯の内部に存在する神経や血管が詰まっている根管にまで細菌の感染が広がり、内部から破壊が始まります。上記写真では、1番右側の症状です。ここまで進行すると本来は抜歯措置になるのですが、根管治療をしっかり行なう事で歯を抜かずに存続させる事が可能になります。歯科治療のなかでも、難しいとされる治療法ですが根管内を徹底的に綺麗にし、虫歯菌を滅菌する事で虫歯を食い止めます。

具体的な根管治療が必要な3つの症状は以下のとおりです。

  • ①歯髄炎

    虫歯の進行が進み、神経と血管が通っている歯の中枢が内部から炎症を起こし、激しい痛みを伴う症状です。神経は、まだ機能していますが、炎症を抑え痛みを緩和する為に、神経と血管を綺麗に取り除く治療をします。

  • ①歯髄炎

    歯髄炎などをそのままにしておくと、やがて神経が完全に死んでしまい痛みを感じなくなります。痛みがないからと言ってそのままにしておくと、歯の内部で細菌が繁殖し、死んだ神経が腐敗する歯髄壊疽という状態になるため、死んでしまった神経を綺麗に取り除く治療を行わなければいけません。

  • ③根尖性歯周炎

    死んでしまった神経をそのままにしておくと、内部にいる無数の細菌が、歯根の根尖の方へと感染しはじめます。血管や神経があった穴から侵入していき、被害を拡大していきます。やがて痛みを感じるようになり、根尖部分に炎症が起きて膿が溜まった状態の根尖性歯周炎になります。こうなった場合には、根尖部や歯の内部にいる細菌や、汚染物質を綺麗に取り除く治療を行わなければなりません。

マイクロスコープ根管治療

マイクロスコープ根管治療

マイクロスコープとは、肉眼の20倍程度にまで視野を拡大できる装置です。

歯の神経の通っている根管は非常に小さいために、根管治療を行う際には拡大視野を確保できるかどうかが非常に重要に重要になります。

そこで当院ではマイクロスコープを使用し視野を20倍に拡大し精密治療を行うことで肉眼と比較して非常に高い精度の根管治療の提供を行うことができます。

虫歯の早期治療には定期健診が欠かせません

虫歯

虫歯によって歯が痛くなるのはC2という段階からです。しかしそれでもC2ではしみる程度の症状なので危機感を持つまでには至らないかもしれません。

痛いと感じて歯科医院に行く必要を本格的に感じるのはC3になってから。しかし、その段階まで来ると虫歯はかなり進行しており、神経を取り除く可能性も出てきます。痛みのない段階で治療すればほとんど削る必要もないので、2~4ヶ月に1度は定期健診をされることをおすすめいたします。

定期健診・クリーニングページを見る

習志野市津田沼で虫歯・根管治療をご検討中の方へ

痛くない虫歯治療

新津田沼歯科クリニックでは、より快適な治療の実施のために痛みを緩和しながら行なう麻酔注射と可能な限り健康な歯に手を加えない低侵襲治療を心がけております。これまでの歯科治療で痛みや恐怖で歯医者が苦手な方にも満足していただける事と思います。習志野市津田沼で痛みの少ない麻酔と可能な限り削らない・抜かない治療をお探しの方は、ぜひお気軽にご相談下さい。