虫歯・精密根管治療|津田沼駅1分の歯医者・歯科医院|新津田沼歯科クリニック(本院)

キッズコーナー

訪問歯科診療

平日19時まで診療 / 土・日曜日診療

抜かない治療にこだわります

初診予約・お問い合わせ

ACCESS:JR津田沼駅北口2分/新津田沼駅1分

047-478-8841

千葉県習志野市津田沼1-10-40 ダイワビル3F

虫歯・精密根管治療

新津田沼歯科クリニックの天然歯保存にこだわった低侵襲虫歯治療

低侵襲虫歯治療

新津田沼歯科クリニックでは、天然歯の保存にこだわり日々診療に取り組んでおります。虫歯治療における歯の切削や抜歯を最小限に抑えるため、早期発見・早期治療を軸に、極力削らない・抜かない低侵襲治療を心がけています。また、治療に伴う痛みの緩和にも配慮し、患者様に負担の少ない治療のご提供に努めております。出来るだけ歯を削りたくない、痛いのが苦手という方はぜひ、当院へお気軽にご相談いただければと思います。

なるべく歯を抜かない治療

抜かない治療

歯の内部にある神経に達した歯、細菌感染・炎症によって膿が溜まるなどの症状であっても、出来るだけ抜歯を回避できるよう、様々な対策を実施致します。詳細は以下リンクよりご確認下さい。

なるべく抜かない治療へ

なるべく歯を削らない治療

歯を削らない治療

歯は一度削ると元に戻ることはありません。さらに歯の寿命は残存歯質と比例するため、治療の際にはできるだけ切削範囲を最小限に抑え、健康な歯質の保存に努めています。詳細は以下よりご確認下さい。

なるべく削らない治療へ

痛みを抑えた歯科治療

痛みを抑えた歯科治療

歯科治療に伴う痛みが理由で歯科医院を敬遠されている方も少なくありません。そのような方々にも、安心して治療を受けていただけるように、痛みの緩和対策を行っております。詳細は以下よりご確認下さい。

痛みを抑えた歯科治療へ

痛くなってからでいいの?虫歯治療のタイミングとは

虫歯治療のタイミングとは虫歯は大きくなると放っておいても治ることはありません。しかし、できるだけ早く治療すれば、削る部分を少なくできます。抜歯をする必要もありませんし、天然の歯に負担をかけることもほとんどありません。歯に違和感を感じたら、できるだけ早くご来院ください。

虫歯は放置していると、徐々に奥深くまで進行してゆきます。神経が侵されると根の治療や最悪の場合抜歯せざるをえなくなります。そうなるとインプラントや入れ歯での生活しかありません。

しっかり噛むことができる天然の歯で、いつまでも過ごしていただけるよう早期治療をおすすめ致します。

根管治療で歯を抜歯せずに存続可能に

根管治療

重度の虫歯になると、歯の内部に存在する神経や血管が詰まっている根管にまで細菌の感染が広がり、内部から歯の破壊が始まります。上記画像では、1番右側の症状です。ここまで進行すると本来は抜歯措置になるのですが、根管治療をしっかり行なう事で歯を抜かずに存続させる事が可能になります。歯科治療のなかでも、難しいとされる治療法ですが根管内を徹底的に綺麗にし、虫歯菌を殺菌・洗浄する事で虫歯の進行を食い止めます。

具体的な根管治療が必要な3つの症状は以下のとおりです。

①歯髄炎

虫歯の進行が進み、神経と血管が通っている歯の中枢が内部から炎症を起こし、激しい痛みを伴う症状です。

神経は、まだ機能していますが、炎症を抑え痛みを緩和する為に、神経と血管を綺麗に取り除く治療をします

②歯髄壊疽

歯髄炎などをそのままにしておくと、やがて神経が完全に死んでしまい痛みを感じなくなります。

痛みがないからと言ってそのままにしておくと、歯の内部で細菌が繁殖し、死んだ神経が腐敗する歯髄壊疽という状態になるため、死んでしまった神経を綺麗に取り除く治療を行わなければいけません。

③根尖性歯周炎

死んでしまった神経をそのままにしておくと、内部にいる無数の細菌が、歯根の根尖の方へと感染しはじめます。血管や神経があった穴から侵入していき、被害を拡大していきます。

やがて痛みを感じるようになり、根尖部分に炎症が起きて膿が溜まった状態の根尖性歯周炎になります。こうなった場合には、根尖部や歯の内部にいる細菌や、汚染物質を綺麗に取り除く治療を行わなければなりません。

再発率は80%以上?根管治療ってそんなに難しいの?

根管治療神経や血管が収まる根管は、とても小さい上に暗いと言う劣悪な状況下で処置をしなければなりません。また、根管の形状も複雑なため、感染物質を残さず取り除けたかをしっかり目で確認する必要があります。

このように高い技術・集中力が求められる根管治療は、適切な処置が施されていない場合、およそ80%の方が再発すると言われています。

新津田沼歯科クリニックでは再発リスクを最小限に抑えるために、マイクロスコープをはじめ、様々な器具や機器を取り揃え、精度にこだわった精密根管治療のご提供に努めております。

新津田沼歯科クリニックの精密根管治療について

精密根管治療

新津田沼歯科クリニックでは、根管治療の精度向上に力を入れ、再発・抜歯リスクの軽減に努めております。当院の精密根管治療で使用する機器や器具をご紹介致します。

マイクロスコープで治療精度を向上

マイクロスコープ根管内部は暗くて、狭いと言う劣悪な環境下にあるため、当然ながら肉眼では望ましい治療は出来ません。

そこで当院では、肉眼のおよそ20倍まで視野を拡大出来るマイクロスコープ用いて、根管の内部をしっかり視認しながら処置を実施します。感染物質の取り残し防止・未処理の根管の見落とし防止などをしっかり行い、感染物質の徹底除去に努めています。

歯科用CTで根管診断

歯科用CT

根管の処置精度を向上させるため、必要な場合には事前にCTでの精密検査を実施します。レントゲンでは、把握できない複雑な根管の形状・数をはじめ、歯の根の先端にある病変の発見に力を発揮します。事前に根管の状態を把握することによって、精度の高い適切な処置が可能となります。

ニッケルチタンファイルで根管清掃

ニッケルチタンファイル

根管内の感染物質を取り除く際には、ファイルと呼ばれる針金のような器具を使用します。当院では、柔軟性が高く湾曲する根管にもしっかり馴染むニッケルチタンファイルを採用しております。曲がりくねった根管でも、隅々まで適切な処置が行えます。

レーザーで根管内の殺菌

レーザー

新津田沼歯科クリニックでは、根管治療の際にレーザーを用いる場合もございます。根管にレーザーを照射することによって、内部の細菌を効率よく殺菌することが出来ます。レーザーはほとんど痛みなく処置ができ、治療患部の治癒を促進します。

MTAセメントによる根管充填

MTAセメント

感染物質の除去をした後に、根管内部の空洞を殺菌効果の高いMTAセメントで充填します。細菌は、少しでも隙間があると繁殖しますので、隅々までしっかり埋めることが重要です。MTAは膨らみながら固まって行く特徴があるため、緊密な封鎖が可能となります。

歯根端切除術で抜歯の回避

歯根端切除術一度根管治療を行った歯の再発や虫歯を長い間放置していた歯などは、歯の根の先端部分に細菌感染が起こり、膿が溜まる「根尖病変」と言う症状になる場合がございます。

こちらの症状は、通常の根管治療では改善が難しく、一般的には抜歯と診断されることが多い症例です。

しかし、当院ではこのような症状に対して、溜まった膿を摘出し、根尖部分の感染歯質を切除する「歯根端切除術」を実施し、出来る限り歯の保存を試みます。患部の状態にもよりますが、保存の可能性がある場合にはご提案致します。

習志野市津田沼で天然歯の保存にこだわった虫歯治療は当院へ

虫歯治療

新津田沼歯科クリニックでは、天然歯の保存にこだわり、出来るだけ抜かない・削らない・痛みの少ない低侵襲な虫歯治療に努めております。再発率が高いとされる重度の虫歯治療では、マイクロスコープやCTなどの機器を駆使した精密根管治療を実施し、再発リスク・将来的な抜歯リスクの軽減を心がけています。習志野市津田沼で天然歯の保存にこだわった虫歯治療・根管治療をご希望の方はぜひ、お気軽に当院までご相談下さい。

トップへ戻る