歯周病|津田沼の歯医者|徳壮会新津田沼歯科クリニック

キッズコーナー

訪問歯科診療

平日19時まで診療 / 土・日曜日診療

抜かない治療にこだわります

初診予約・お問い合わせ

ACCESS:JR津田沼駅北口2分/新津田沼駅1分

047-478-8841

千葉県習志野市津田沼1-10-40 ダイワビル3F

歯周病

徳壮会新津田沼歯科クリニックが実施する歯周病予防・改善対策

歯周病予防・改善対策

皆さんは歯を失う一番の原因をご存知でしょうか?虫歯と思っている方も大勢いらっしゃると思いますが、成人の抜歯原因1番は歯周病です。軽度の歯周病も含めると、およそ8割の方が罹患していると言われています。その国民病とも呼べる歯周病は、歯を失うだけでなく、様々な疾患と深い繋がりがあることが近年の研究で判明しています。徳壮会新津田沼歯科クリニックではお口や身体の健康を脅かす歯周病に対して、早期発見・早期治療を心がけ様々な対策を行っております。当院が実施する歯周病予防・改善対策をご紹介致します。

あなたは大丈夫?歯周病セルフチェック

特に妊娠中の方や30歳~50歳までの方に定期的な健診をお勧め

定期健診歯周病は、再発率の高い病気です。改善されてからも予防を継続的に行わないと簡単に悪化が進みます。さらに、再発した場合、歯周組織のダメージの蓄積などから、十分な治療を行えないことが多く、歯を失うリスクも必然と上がると言われています。

当院では、特につわりやホルモンバランスの乱れで歯周病が悪化しやすい妊娠中の方や、加齢や生活のバランスが崩れがちな30歳~50歳の方にて定期的な健診をお勧めしています。

毎日のセルフケアと定期検診をしっかり行い、歯周病が悪化しないように努めましょう。妊娠中の方は、歯周病菌が早産や低体重児出産を引き起こす事があるので、特に注意が必要です。

歯周病と全身疾患(心筋梗塞・糖尿病など)について

歯周病と全身疾患昨今の研究では、歯周病と様々な全身疾患との関係性が明らかになっています。

歯周病菌が気管や血中に入ることにより、心筋梗塞・脳梗塞をはじめ、糖尿病やメタボリック症候群、誤嚥性肺炎、早産・低体重出産などを引き起こしやすくなります。

特に歯周病と糖尿病は、双方の症状を悪化させる関係性のため、注意が必要です。

歯周病と全身疾患の関係性についての詳細>>

歯周病予防・歯周病治療で認知症型アルツハイマーを予防できる?

歯周病とアルツハイマー認知症の約7割を占める認知症型アルツハイマーは、脳内に「アミロイドベータ(Aβ)」という異常なタンパク質が蓄積し、脳細胞を損傷・死滅させることで発症すると考えられています。
※「アミロイドベータ(Aβ)」は健康な人の脳内にもありますが、通常は脳内のゴミとして短時間で分解・排出されます。

そして、歯周病菌が「アミロイドベータ(Aβ)」の脳内蓄積量を増加させることが、九州大学と北京理工大学の合同研究によって、明らかになりました。

つまり、歯周病の予防・歯周病の治療を行うことで、認知症型アルツハイマーの進行を遅くしたり、発症リスクの軽減が期待できます。上記にも述べているように、歯周病はお口だけの病気ではありません。全身の健康・お子さんの健康を考え、予防・治療に取り組みましょう。

九州大学の研究結果の詳細はこちら>>

当院が実施する歯周病予防と改善への取り組み

歯周病は最終的に歯を失う恐ろしい病気ではありますが、重症化する前に発見・対処をすることによって、歯周病予防をはじめ、将来的な抜歯リスク・治療時の負担や治療期間などを軽減することが出来ます。

そこで徳壮会新津田沼歯科クリニックでは、以下の3つの取り組みによって、初期の自覚症状がほとんどない歯周病の予防・早期発見・早期治療に努めております。

歯周組織検査の実施

歯周組織検査歯周病の可能性が高い患者様や定期検診の際には、診断や歯のクリーニングに加え、歯周組織検査等も実施しております。

歯の動揺や歯周ポケットの有無、歯茎の出血やプラークの付着量などを調べ、歯周病の進行具合をチェックします。初期症状の場合には、適切な処置を行い、早期改善に努めます。

患者様の歯周病予防・改善への意識向上

歯周病予防・改善歯周病の予防・症状改善には、日々のセルフケアと生活習慣の管理がとても重要です。しかし、初期症状の自覚がほとんどない歯周病の特性上、患者様には歯周病が重要な事として伝わらないことが多くございます。

症状の悪化を防ぐため、当院では軽度の内から予防や改善に努め、患者様に歯周病とはどのような病気なのかをしっかり理解していただく意識向上にも取り組んでおります。

スケーラーの使いわけで精度の高い歯石の除去

スケーラー歯周病予防・改善のために、歯面や歯根部に付着した歯垢や歯石を専用の器具(スケーラー)で取り除きます。

徳壮会新津田沼歯科クリニックでは、短時間で広範囲の処置が行える「超音波スケーラー」・細部や歯の隙間など繊細な処置が可能な「ハンドスケーラー」の2つを適材適所で使いわけることによって、精度の高い処置に努めております。

徳壮会新津田沼歯科クリニックが実施する歯周病治療

マイクロスコープ精密歯周病治療

マイクロスコープ当院ではマイクロスコープを用いた精度の高い歯石の除去を実施しております。

肉眼の約20倍の視野の下で、歯周ポケット内部の状態もしっかり目で確認が行えるため、取り残しなどのリスクを最小限に抑えた処置が行えます。

歯周外科治療で歯石の徹底除去

歯周外科治療歯周病が進行して歯周ポケットが深くなると内部を目で確認出来ない上に、器具も届かず、適切な歯石の除去が困難となります。このような場合には「歯周外科治療」を実施して、症状の改善を図ります。

麻酔をした後、歯茎を切開して歯周ポケットの内部を視認出来る状態にします。目で確認しながら、取り残しのない適切な歯石除去・感染歯肉を切除して症状の改善、悪化を防ぎます。

お薬で歯周病を治す歯周内科治療

歯周内科治療歯周内科治療は、歯石除去などの一般的な処置ではなく、お薬を用いた化学的なアプローチの治療法です。

位相差顕微鏡という特殊な顕微鏡で、原因菌の特定と細菌数の割合を調べ、それらの細菌に効果の高いお薬の服用とカビ取り歯磨き粉で除菌し、症状を改善します。

歯石除去などの機械的な処置と併用することで、より高い効果を得ることができます。

▼歯周ポケット内に溜まったプラーク(歯垢)を採取し、位相差顕微鏡にて歯周病菌の状態を調べます。

歯周内科治療

▼こちらは、当院で実際に行った位相差顕微鏡での細菌チェックの様子です。

エムドゲインで歯周組織の再生

エムドゲイン歯周病症状が重症化すると歯を支える骨を溶かして、歯の動揺が大きくなります。この状態が悪化すると、歯を支えられず最終的には抜歯となってしまいます。

そこで当院では、エムドゲインと言う薬剤を用いた歯周組織再生療法によって、症状を改善します。エムドゲインは、歯の発生時に重要な働きをするたんぱく質が主な成分です。治療患部に塗布することで、歯の発生時の環境を再現し、歯周組織の再生を促します。

レーザーを用いた歯周病治療

レーザー治療機器歯周ポケット内の歯石の除去を丁寧に実施した後に、レーザーを用いた歯周病菌の殺菌を行います。歯周ポケット内にレーザーを照射して目に見えない歯周病菌を大幅に減らし、排膿によって出血や痛みなどを緩和する事が可能となります。

さらに、外科治療の際にもレーザー治療機を使用して、負担の少ない歯肉の切開や治療後の治癒促進などに活用しております。

レーザー自体に痛みはほとんどありませんので、どうぞご安心下さい。

「細菌療法」バクテリアセラピーについて

当院では歯科治療に細菌療法(バクテリアセラピー)を取り入れています。バクテリアセラピーとは「病原菌の抑制・制御を行う効果の確認されている菌株を摂取することで、宿主の菌叢を良好に維持、または再建する技術。」(1946, Florey, 1999, Hillman)と定義されており、欧米を中心に永年に亘って研究が進められてきた確固たる医療技術分野です。

「細菌療法」バクテリアセラピー

歯科医院では、新しい予防として、その効果が確認されています。多くは、口腔内の改善のために処方される乳酸菌のタブレットを舐めるだけという簡単で、妊娠中の方も安心して手軽に取り入れることができる安全な治療です。

人体は500種500兆個以上の常在菌と共存していると言います。その中で有効な善玉菌(乳酸菌)を継続的に摂取することで、善玉菌が優位な環境にコントロールしていきます。

「細菌療法」バクテリアセラピー

当院では、虫歯・歯周病・口臭等の予防のために、ロイテリ菌を手軽に取り込むことができる確かな品質のバイオガイア社製品を使用しています。

L.ロイテリ菌とは、ヒト母乳由来の乳酸菌です。 天然の抗生物質を産生すると同時に、ヒト免疫システムの調整を行いながら、さまざまな疾患の予防・治療に働きかけます。 その効果は次のような口腔内にとどまらず全身に影響することが報告されています。

口腔内環境への効果の詳細について

口は全身の入り口。
だから口の中の「菌質」は、全身の菌質を大きく左右します。

「細菌療法」バクテリアセラピー

①歯周病菌の増殖抑制

「細菌療法」バクテリアセラピー

代表的な5種類の歯周病菌の増殖を抑制します。

②むし歯菌(ミュータンス菌)の抑制

※グラフ等はクリックで拡大します

「細菌療法」バクテリアセラピーL.ロイテリ菌はむし歯の予防、抑制に効果を発揮することが確認されています。

 

③SRPとの併用で治療効果は約3倍

「細菌療法」バクテリアセラピー代表的な歯周病の治療法であるSRP(スケーリング・ルートプレーニング)とは、歯周病の原因である歯に付着したプラークや歯石、その他の沈着物などを除去し、歯の表面をきれいにする治療です。

いわゆる歯石取りの歯ぐきの見えないところまで行うものとお考え下さい。この処置とバイオガイアを一緒に処方することで治療効果を更に高めることができます。

④重度・中度の歯肉炎を緩和

「細菌療法」バクテリアセラピーL.ロイテリ菌の投与14日目までに重度・中度の歯肉炎患者の30%の患者は軽快、または治癒。

28日目までに58%の患者は軽快、または治癒されています。

⑤歯垢(プラーク)形成の抑制

「細菌療法」バクテリアセラピーL.ロイテリ菌により歯垢(プラーク)が抑制され、摂取後一定期間が経過しても効果が持続することが確認されています。

59名の中度・重度歯肉炎患者対象に無作為 抽出 41 名にL ロイテリ菌投与、18名にプラセボ投与(14日間)。

L ロイテリ菌 投与グループはプラセボ群と比較して 重度、中度の歯垢形成患者数が有意に減少。その効果は14日間継続が認められました。

⑥口腔粘膜への高い付着機能

「細菌療法」バクテリアセラピー

ヒトロ腔内粘膜への高い付着能力が確認されています。有効成分がすぐに流れてしまっては意味がありません。しっかり口腔内にとどまり効果を発揮する優れた性質を持っています。

⑦口臭の原因菌を抑制

「細菌療法」バクテリアセラピー特に効果を実感して頂ける方が多いのが口臭や、朝起きて口腔内のベタベタした不快感の軽減です。

当院では、歯周病検査の他に口腔内細菌の顕微鏡検査・PCR検査を取り入れ、総合的な診断の上で、必要に応じてバイオセラピー細菌療法をご提案しています。お気軽にお尋ね下さい。

バイオガイア社 HPこちら>>

習志野市津田沼で歯周病予防・歯周病治療をご希望の方へ

歯周病予防・歯周病治療

徳壮会新津田沼歯科クリニックでは、患者様の大切な歯を1本でも多く歯周病から守るため、様々な対策を行い、歯周病予防をはじめ、早期発見・早期治療に努めております。習志野市津田沼で歯周病予防・歯周病治療をご希望の方は、ぜひ一度当院までお気軽にご相談下さい。

トップへ戻る