歯牙接触癖|津田沼の歯医者|徳壮会新津田沼歯科クリニック

キッズコーナー

訪問歯科診療

平日19時まで診療 / 土・日曜日診療

抜かない治療にこだわります

初診WEB予約

ACCESS:JR津田沼駅北口2分/新津田沼駅1分

047-478-8841

千葉県習志野市津田沼1-10-40 ダイワビル3F

歯牙接触癖

投稿日:2021年11月17日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

こんにちわ!歯科衛生士の兒玉です。

 

いきなりですが、

●TCHTooth Contact Habit

歯牙接触癖とは聞いたことがありますでしょうか?

 

 ●TCHとは、日中起きてる間に上下の歯を持続的に接触させる癖です。

強い力でぎゅーっと噛む『くいしばり』とは違い、

弱い力で歯の接触が持続する事で弊害が起きると考えられています。

 

噛み合わせや、歯列不正などがある場合で例外もありますが、

本来日常生活時は上下の歯はわずかに離れているのが正常なのです。

 

コロナ禍で

リモートワークでのデスクワーク中

外食を控え自炊が増え、料理中

外出を控えてゲームやネット、テレビを見ている時

無意識に癖が起きていないでしょうか?

何かに集中してる時にとても起こりやすいのです!

今このブログを読んでくださってる、

今!上下の歯は離れていますか?(^_^)

 

TCHによる弊害》

 

無意識に起こる癖な事と外から見ただけでは分からないので

他人から指摘してもらうことも難しいのです。

 

 ●対策として、

目につくところに『歯を離す』とリマインダーを用意して数カ所に貼ります。

視線を移すとリマインダーが目に入りTCHに気づき脳にTCHをインプットさせます。

→TCHの間違った癖を

歯を離す癖をつけることで是正を目指します。

無理に意識し過ぎてしまうと逆にストレスでTCHが悪化してしまう場合もあります。

 

当医院では、

ボトックス注射やマウスピース(ハードタイプ、ソフトタイプ)

などもございますので気になる方はお気軽にご相談下さい。

 

 コロナ感染者数は、どんどん減ってきておりますが、

当医院では更に気を引き締め

引き続き感染症対策を徹底していきたいと思います。

みなさまのご来院おまちしています

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る