抜歯リスクの高い歯根破折を起こしやすい人とは?|津田沼の歯医者|徳壮会新津田沼歯科クリニック

新型コロナウイルス対策について

自動精算機導入のお知らせ(2024年2月14日より)

キッズコーナー

訪問歯科診療

平日19時まで診療 / 土・日曜日診療

抜かない治療にこだわります

初診WEB予約

ACCESS:JR津田沼駅北口2分/新津田沼駅1分

047-478-8841

千葉県習志野市津田沼1-10-40 ダイワビル3F

抜歯リスクの高い歯根破折を起こしやすい人とは?

投稿日:2023年12月28日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

抜歯リスクの高い歯根破折を起こしやすい人について

津田沼駅すぐの歯医者「徳壮会新津田沼歯科クリニック」の歯科衛生士です。

皆さんは「歯根破折(しこんはせつ)」という症状をご存知ですか?歯根破折は虫歯や歯周病のように一般的に認知されていない症状ですが、虫歯・歯周病に次いで歯を失う主な原因となっています。

今回はそんな抜歯リスクの高い歯根破折についてお話したいと思います。

抜歯リスクの高い歯根破折を起こしやすい人

歯根破折(しこんはせつ)とは?

歯根破折とは、歯の根の部分が割れたり、ひびが入る症状です。歯根破折になると、割れた部分やひびが入った部分から歯の內部に細菌が侵入するため、炎症が起こって歯茎が腫れたり、咀嚼時に痛みを感じたりします。さらに症状が悪化すると、炎症によって歯茎や骨が溶かされるため、口腔内全体に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

歯根破折が生じる原因については様々ですが、その中でも噛む力が強いというのが一番の原因といえます。長期的に強い力が歯にかかることによって、歯根部分にひびが入ったり、割れたりする可能性が高くなります。

歯根破折(しこんはせつ)を起こしやすい人の特徴

歯ぎしり・食いしばりの癖がある

歯ぎしりや食いしばりは就寝中などの無意識下で行うことが多いため、歯に非常に大きな負担がかかります。また、覚醒時であってもスポーツや仕事で重いものを運ぶような場合は瞬間的に歯を強く噛みしめることがあるため、注意が必要です。

根管治療で神経を抜いた歯がある

虫歯が歯の內部にある神経にまで感染が拡がった場合は、根管治療によって虫歯菌に感染した神経や血管を取り除きます。神経や血管を取り除いてしまうと、歯に栄養が送られなくなり、歯質が脆くなるため、歯根破折を起こしやすくなります。

大きな金属の土台が入った歯がある

虫歯治療で歯の大部分を削った場合は、かぶせ物を安定させるための土台(コア)を設置します。土台が大きな金属の場合は、残存歯との耐久性に差が生じるため、部分的に大きな力がかかった際に歯根破折が起こりやすくなります。

歯並び・咬み合わせに問題がある

噛む力は非常に強い力が歯にかかります。特に歯並びや咬み合わせが悪い場合は特定の歯に大きな力がかかる場合があるため、歯根破折のリスクが高くなります。

トップへ戻る