歯科医師の古屋です|津田沼駅1分の歯医者・歯科医院|新津田沼歯科クリニック(本院)

キッズコーナー

訪問歯科診療

平日19時まで診療 / 土・日曜日診療

抜かない治療にこだわります

初診予約・お問い合わせ

ACCESS:JR津田沼駅北口2分/新津田沼駅1分

047-478-8841

千葉県習志野市津田沼1-10-40 ダイワビル3F

歯科医師の古屋です

投稿日:2020年3月30日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

みなさんこんにちは、新津田沼歯科クリニック歯科医師の古屋です。

 

2020年度、新年度が始まる時期となりました。

入学や就職、異動など環境の変わる方もいらっしゃることと思います。

新しい環境で新しいことを覚え、新しい人間関係を作るのは、

慣れるまでなかなか大変なことです。

私はこの「新生活」が苦手で、4月はいつも不安でいっぱいでした。

みなさんの中にも、新生活に対して期待だけでなく不安も抱いている方も

いるのではないでしょうか。

 

さて、新学期が始まると、小学校などでは歯科検診がおこなわれます。

子どもの検診では、むし歯の有無のほか、歯並びや永久歯への生えかわり、

その他歯肉の状態などもチェックしています。

そして必要に応じて歯科医院での検査や治療を勧められます。

当院では、むし歯の治療をおこなうのはもちろんですが、

むし歯にならないための予防措置にも重点をおいています。

たとえば、家庭で実践できる歯ブラシ指導やフッ化物塗布などが挙げられます。

小さいうちから歯科医院でのクリーニングに慣れておくことで、

永久歯を長く健康に使うことにもつながります。

予防が重要なことは大人についても同じです。

 

大人になると歯周病のリスクが年々上がっていきますが、

歯周病の予防でも大切なのは定期的なクリーニング(歯石とり)と

ご自身でおこなう日々のブラッシングです。

当院では大人の方への歯ブラシ指導にも力をいれており、

2020年1月からは患者様が普段お使いの歯ブラシをもちいることで、

より個々にあったブラッシング方法をアドバイスさせていただいております。

「たかが歯磨き」と感じるかもしれませんが、「されど歯磨き」なのです。

歯周病を進行させないことで歯を失うリスクを下げ、自分の歯を残すことができます。

最近では、自分の歯で食事をしている人は認知症になりにくいという報告もあります。

忙しい毎日の中で歯科検診やクリーニングに行くことは後回しにしがちですが、

新年度の始まるこの時期、お口の健康についても考えてみませんか?

 

ご予約お待ちしております。

 

トップへ戻る