ブラッシング圧について

投稿日:2018年2月26日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

こんにちは、歯科衛生士の松原です。
今回はブラッシング圧についてお話したいと思います

みなさんは、適切なブラッシング圧がどれぐらいかご存知でしょうか?
適正なブラッシング圧は100〜200gと言われています。
100〜200gと言われても分かりにくいと思いますが、
歯を磨いた時に歯ブラシの毛先が広がらずに少ししなる程度です。

もし、これ以上の力で毎日毎日磨いていたら・・・
歯ぐきが下がってしまい、知覚過敏や根面う蝕が発生し、歯周病などのリスクが高まってしまいます。
よく磨くというのは、決して強い力で磨くことではありません。
大切な歯や歯ぐきを傷つけないよう、丁度よい力加減で磨くことが大切なのです。

もしお使いの歯ブラシが1か月もしないうちに広がってしまうようでしたら、力が入り過ぎています。

ポイントは
・鉛筆を持つように握るペングリップで歯ブラシを持つ
・手鏡で、歯ブラシの毛先が広がり過ぎていないか確認
・ゴシゴシではなくシャカシャカと小さい音で磨く

といっても、なかなか丁度よい力加減で磨くというのは、難しことだと思います。

みなさんの大切な歯と歯ぐきを守るために、
適切なブラッシング圧について、いつでもアドバイスいたします。
お気軽にお声がけください(^-^)