津田沼で皆様をお待ちしています

投稿日:2015年5月19日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

※これはホームページリニューアル前の過去ブログです。※

新津田沼歯科クリニックです。
津田沼の地にて本日も、患者様の歯の健康のために力戦奮闘しております。

虫歯による歯の痛みについて、前回二つ程お話をいたしましたが、今回も引き続き虫歯の痛みについて説明いたします。
冷たいものがしみる、温かいものがしみる、そして更にズキズキとする痛みとなってしまった場合、その虫歯は神経に達している可能性が非常に高いと言えます。
この痛みは拍動痛と言いますが、この症状が表れた場合には神経を処置し、歯の型をとって詰めたり被せて治療をいたします。

また、物を食べたり噛みしめたりした時に痛みを感じる患者様もおられるかと思います。
このような時には、道具を用いて歯を軽くたたき、いわゆる打診痛という痛みの程度を調べることがあります。

打診痛は虫歯の自覚症状のみならず、歯周病でも感じることがありますが、根っこの先に病気が出てしまった時に起こるものなのです。
この場合にも根の治療が必要となります。

痛みという症状ではなくても、歯が何か普段と違うなと感じたら、早めに歯科医にご相談いただきたいと思います。