小児歯科治療の成功のコツについて

投稿日:2015年5月19日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

※これはホームページリニューアル前の過去ブログです。※

小児歯科治療を成功させるコツについてご説明します。
小児歯科とは、だいたい乳幼児期から永久歯がはえそろう学童期(12から13歳)の子供さんに対して行います。
この時期に虫歯の治療や虫歯の予防処置、永久歯の歯並びや咬み合わせのチェックが大切です。

歯と顎の正常な成長や口腔機能の発達は、この時期の治療や指導が、今後に大きな影響を及ぼすからです。
健康で美しい歯の大人に成る為に、歯科指導や歯科治療を行います。

当医院では、小児歯科治療は年齢、虫歯の程度、性格によって変えてますが、まずは診療室の雰囲気、スタッフ、治療器具になれるところから始めます。
治療をスムーズに運ぶ為にコツがあります。一つは嘘をつかないことです。
「痛くないよ」と連れてこられたのに痛かった場合、子供さんは不信感を覚えます。
それよりは「大丈夫」「頑張ろう」などの肯定的な言葉が有効です。次に褒める事です。

治療が終わったら子供さんに「よくがんばった」「えらいね」など褒めると次のステップに繋がります。