歯科口腔外科とはどのようなことを行うのか

投稿日:2015年5月19日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

※これはホームページリニューアル前の過去ブログです。※

歯科口腔外科の診療というものは、お口の中の組織や粘膜の異常を外科的に処置を行っていき、あごの骨や顔面、口腔内における疾患に対応する診療を行っていきます。
お口の中の疾患は、全身疾患の一つの症状として現れる場合があるため、当クリニックでは何か問題があるようならば、患者さまの健康のことを第一に考えて、適切な医療機関をご紹介させていただきます。

歯 科口腔外科としては、親知らずを抜いたりということもあるのですが、普通に生えて噛んでいても異常がなければ抜く必要はないのですが、横向きに生えてきて しまったり、きちんと生えきらずに腫れてきてしまったり、普段の手入れもきちんとできなく親知らず以外の隣の歯まで虫歯になってしまったりといったことに なるため、若いうちに抜いてしまったほうが良いかと思います。

その他に、あご関節症といって、耳の前付近のあご関節の痛みや、頬やこめかみ、くび付近に痛みが起こります。
他の症状としては、口を開けたときに音がしたり、口が開けにくいといった症状があります。

このあご関節症の原因というものは、噛み合せが悪いだけではないため、少しでもいつもと違うなと感じたら、一度当クリニックへご相談ください。