唾液について

投稿日:2015年11月2日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

こんにちは、歯科衛生士の吉原です。

今日は、唾液についてお話したいと思います。
唾液って普段あまり気に留めることもないと思いますが、実はたくさんの役割をもっているんです。
幾つかある役割の中でも皆さんに知って頂きたいものが、唾液が虫歯や歯周病の発生に関わってくるということです。

では、どのように関わってくるのでしょうか?

唾液には、飲食物を稀釈したり、口の中の飲食物の残りカスを洗い流す役割があります。
さらに、微生物の発育を抑えたり、殺菌したりする効果もあります。

日中は唾液の出る量が多いので、物を食べたり飲んだりしても、唾液がある程度洗い流してくれたり、菌の活動を抑えてくれたりしています。睡眠時は唾液の出る量が極度に減ってしまいますので、就寝前はしっかり歯磨きをしないと、虫歯や歯周病の発生率が高くなるのです。

就寝前の飲食を控えて、しっかり歯磨きをして、寝ている間に進行しやすい虫歯や歯周病を予防しましょう。

■ 他の記事を読む■