差し歯〜保険のプラスチックとセラミックの比較〜

投稿日:2017年8月1日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

こんにちは、歯科医師の小澤はるかです。

先日、友人から急に連絡が来ました。
何かと思ったら、貧血で倒れて前歯を打ちつけてしまったというのです!
残念ながら前歯が2本折れてしまい、差し歯になるのだが、セラミックにした方が良いか?
という相談でした。

虫歯で差し歯になることもあれば、
このように急な事故で差し歯になってしまうこともあるのです。
他人事ではありませんね!

そこで今回は、差し歯の種類、とりわけ前歯のかぶせ物についてお話していこうと思います。

《差し歯の種類》

●保険のプラスチック
保険のかぶせ物は金属の上にプラスチックを貼り付けた物です。
プラスチックなので透明感はありません。
また、半年から2年ほどで黄ばんできます。
劣化したプラスチックがはがれてしまう事もあります。

●セラミック
セラミックは天然の歯に近い色、透明感を出すことができます。
また、10年経っても劣化や変色がほとんどありません。

《前歯をセラミックにした方が良い理由》

①透明感のある歯にすることができる
②自分の歯に合った色にすることができる
③きれいな前歯を長期間保つことができる
④汚れがつきにくく、歯肉炎や口臭を防ぐ
⑤歯茎が黒くならない (金属を使わないオールセラミックの場合)

このように、セラミックは良い点ばかりですが、難点は費用がかかる事でしょうか。
ただ、セラミックの中にも、セラミックのみでできた物や、
金属の上にセラミックを貼り付けた物など種類があり、値段にも幅があります。

十分に歯科医師と相談し、納得のいくかぶせ物を入れましょう!