スポーツをする人に多い歯やお口のトラブルとは?|津田沼の歯医者|徳壮会新津田沼歯科クリニック

新型コロナウイルス対策について

自動精算機導入のお知らせ(2024年2月14日より)

キッズコーナー

訪問歯科診療

平日19時まで診療 / 土・日曜日診療

抜かない治療にこだわります

初診WEB予約

ACCESS:JR津田沼駅北口2分/新津田沼駅1分

047-478-8841

千葉県習志野市津田沼1-10-40 ダイワビル3F

スポーツをする人に多い歯やお口のトラブルとは?

投稿日:2022年10月6日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

スポーツをする人に多い歯やお口のトラブルについて

津田沼駅すぐの歯医者「徳壮会新津田沼歯科クリニック」の歯科衛生士です。

健康的な生活には、栄養バランスのとれた食事と適度な運動が必要不可欠です。しかし、運動やスポーツを日常的に行うことが歯やお口の健康を害する可能性もあります。

今回のブログでは、スポーツをする人に多い歯やお口のトラブルについてお話したいと思います。

運動をする人が注意すべき歯・お口のトラブル

運動・スポーツをする人に起こりやすい歯やお口のトラブル

歯の損傷・歯根破折

ランニングやウォーキングの場合はあまり関係ないと思いますが、複数でするスポーツや相手と接触することが多い競技については、衝突や転倒によって歯を傷つける可能性があります。また、運動をする際は、歯を食いしばって瞬間的な力を発揮することがあるため、歯根に負担がかかり、歯根破折を引き起こすことがあります。歯根破折は抜歯となるケースも多いため、注意が必要です。

虫歯・歯周病になりやすくなる

運動する際に頻繁に歯を食いしばる方は、歯や歯茎に大きな負担がかかってしまいます。その力によって歯の表面に小さなひびができることがあり、そのひびから歯の内部に細菌が侵入するため、虫歯リスクが高くなります。また、歯茎などの歯周組織へダメージが大きくなると、歯周病リスクが高くなったり、症状が悪化したりする可能性があります。

酸蝕症(飲食物の酸によって歯が溶ける症状

運動をする際は汗をかくため、こまめな水分補給が必要です。普通の水を飲まれる方は特に問題はありませんが、糖分の多いジュースやスポーツドリンクを飲まれる場合は、大量に摂取すると虫歯リスクが高くなります。また、酸性度の高い飲料水は歯が溶ける「酸蝕症」になる可能性があるため、注意しましょう。

運動・スポーツをする人が歯やお口のトラブルを軽減するための対策

スポーツ用のマウスピースを使用する

運動の際、瞬間的な力を発揮するために歯を食いしばることがあります。しかし、歯を食いしばることによって歯や歯茎に大きな負担がかかってしまうため、歯やかぶせ物が欠けたり、歯根破折が生じたりなど、トラブルが起こりやすくなります。そのようなトラブルを少しでも防止するため、激しい運動をする際はスポーツ用のマウスピースを使用しましょう。

スポーツドリンクの飲み過ぎに注意する

運動時の水分補給では、糖分や酸性度の高いスポーツドリンクを大量に摂取すると、虫歯や酸蝕症になりやすくなります。虫歯や酸蝕症リスクを軽減するためにも、スポーツドリンクの飲み過ぎには注意しましょう。

トップへ戻る