乳歯が生え変わる際のケア方法|津田沼の歯医者|徳壮会新津田沼歯科クリニック

キッズコーナー

訪問歯科診療

平日19時まで診療 / 土・日曜日診療

抜かない治療にこだわります

初診WEB予約

ACCESS:JR津田沼駅北口2分/新津田沼駅1分

047-478-8841

千葉県習志野市津田沼1-10-40 ダイワビル3F

乳歯が生え変わる際のケア方法

投稿日:2022年1月26日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

乳歯が生え変わる際のケア方法について

乳歯が生え変わる際のケア方法

子どもは5~6歳頃より、少しずつ乳歯から永久歯に歯が生え変わります。前回のブログでは「生え変わる乳歯の抜き方と注意点」について解説しましたが、今回は「乳歯が生え変わる際のケア方法について」お話しようと思います。

乳歯が永久歯に生え変わる前後のケアについて

乳歯がグラグラする場合は自分で抜いてもOK

永久歯に生え変わる際は、乳歯がグラグラと動くようになります。動揺が大きい場合や後少しで抜けそうな場合においては、咀嚼がしづらかったり、痛みを感じたりすることもあるため、歯をゆっくり揺らすなどして自分で抜いてもらっても大丈夫です。グラグラと動く場合であっても、場合によってはスムーズに抜けないこともありますので、無理やり抜くのはやめましょう。

出血がある場合はガーゼやコットンで止血しましょう

乳歯が自然に抜け落ちた場合、出血を伴うことはほとんどありませんが、ご自身で抜いた場合は、出血を伴う場合があります。基本的には軽い出血ですので、時間の経過とともに止まりますが、気になる場合はガーゼやコットンを噛んで止血しましょう。長い時間血が止まらない場合は、歯科医院にて診てもらいましょう。

刺激の強い食べ物を控えましょう

乳歯が抜け落ちた部分の歯茎はデリケートになっています。できるだけ負担をかけないためにも、乳歯が抜けてから数日間は、固い食べ物や辛い物などの刺激の強い食事は控えるようにしましょう。

お口の中を清潔に保ちましょう

乳歯が抜け落ちた部分が気になると思いますが、舌や指で触らないようにしましょう。乳歯が抜けてからすぐはデリケートになっていますので、細菌が入り込むことで膿んだりする可能性もあります。歯磨きなどのケアをきちんと行い、お口の中を清潔に保ちましょう。

乳歯の生え変わり時期に起こりうる問題について

小児歯科ページ>>

トップへ戻る