生え変わる乳歯の抜き方と注意点|津田沼の歯医者|徳壮会新津田沼歯科クリニック

キッズコーナー

訪問歯科診療

平日19時まで診療 / 土・日曜日診療

抜かない治療にこだわります

初診WEB予約

ACCESS:JR津田沼駅北口2分/新津田沼駅1分

047-478-8841

千葉県習志野市津田沼1-10-40 ダイワビル3F

生え変わる乳歯の抜き方と注意点

投稿日:2022年1月25日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

永久歯に生え変わる際の乳歯の抜き方と注意点について解説

生え変わる乳歯の抜き方

子どもは、乳歯から永久歯に生え変わるという一大イベントがあります。永久歯に生え変わる時期は、一般的に6歳前後と言われており、永久歯が生え始めたタイミングで乳歯はグラグラと揺れはじめ、抜け落ちる準備をします。

グラグラと揺れ始めた乳歯については、ご自身で抜くことも可能ですが、その際は適切な抜き方や時期を考慮することが大切です。今回は歯が生え変わる際の乳歯の抜き方、注意点などについて解説いたします。

乳歯は生え変わりの適正時期になってから抜きましょう

歯が生え変わる際の乳歯の抜き方のポイントについては「歯が生え変わる適正時期になってから抜く」ということです。乳歯がグラグラと揺れている状態で、さらに生え変わる適正時期となっている場合には、ご自宅等で乳歯を抜いても大丈夫だと考えられています。

乳歯の生え変わりの適正時期

歯の生え変わりの適正時期は、下記のように歯の位置によって多少異なります。

※大臼歯(6番目以降の奥歯)は乳歯がなく、永久歯の生え始めの際に一緒に生えてきます。

乳歯がすでにグラグラしている状態で、上記の適正時期に達している場合は、抜歯しても問題はありません。しかし、適正時期以前に乳歯がグラグラしている場合は、虫歯や脱臼などが考えられますので、歯科医院にて検査をおすすめいたします。

乳歯の正しい抜き方と注意点について

乳歯がグラグラと揺れ始めたら、お子さま本人が舌や指など歯を揺らし、自然に抜け落ちるように促しましょう。グラグラするからといって、無理やり引っ張ったり、強い力で押したりすると、歯茎を傷つけたり、歯根が途中で折れたりする可能性もありますので、気をつけましょう。

ただし、歯がほとんど抜けている状態で歯茎からぶら下がっている場合などは、きちんと手洗いをした後に、指でゆっくりと引っ張って抜いてあげましょう。

抜歯後に出血がある場合は、ガーゼなどを抜歯部分に当てて噛みしめ、止血しましょう。個人差や抜歯部分の状態にもよりますが、およそ5分程で血は止まると思います。出血が止まらなかったり、違和感を感じたりする場合には、早めに歯科医院にて検査しましょう。

ご自分で乳歯を抜けない場合は歯科医院へ

ご自分で抜けない場合は、無理をせずに歯科医院へ相談しましょう。

また、「乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきた」「乳歯が抜けたのに永久歯がきちんと生えない」「乳歯が虫歯になっている」など、乳歯の生え変わる際に何らかの問題が生じた場合も、ご自分で解決しようとせず、歯科医院にて検査・適切な処置を受けましょう。

小児歯科ページ>>

トップへ戻る