誤嚥性肺炎

投稿日:2018年3月26日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

こんにちは。
歯科医師の小澤です。

みなさん誤嚥性肺炎をご存知ですか?
近年よく耳にするようになりましたよね。
それもそのはず、肺炎は日本人の死因第3位で、
更にそのうちの9割が誤嚥性肺炎なのです。

誤嚥性肺炎とは、食道に入るべき物が誤って気道に入ってしまい、
菌やウイルスで肺が炎症を起こしてしまうものです。
みなさんも1度は誤嚥してむせた経験があるでしょう。
“むせる”というのは誤って入ったものを吐き出す反応ですが、
実はむせない「気づかない誤嚥」もあるのです。

「気づかない誤嚥」は、睡眠中など気づかぬうちに唾液などを
繰り返し気道に送り込んでしまうもので、誤嚥性肺炎のうち多くがこの「気づかない誤嚥」が原因だといいます。
唾液の中には大量の菌が含まれていますから、これを知らないうちに肺に送り込んでいるとしたら恐ろしいですよね。

誤嚥性肺炎の予防には、のどの筋力を鍛えることや、お口の中を清潔にすることなどが重要です。
ぜひかかりつけの歯科医院を作り、早めのうちからお口のケアを徹底しておきましょう!