根の治療について

投稿日:2018年3月19日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

こんにちは、歯科医師の戸張です。

今回は根管治療について書こうと思います。根管治療を行っている患者さんは多くいらっしゃいますが、
今どんなことをしているのですか?とか、あと何回かかりますか?
ということをよく聞かれます。根管治療とは、むし歯
が進行して歯の神経まで達しているときに神経を取り除き、
神経が入っている根管の中を掃除・消毒して炎症を抑える方法です。

私たちの歯は、その根っこの部分に「歯髄」と呼ばれる神経の束が走っています。
根管治療はこの「歯の根」を治療し、侵入してきた細菌や感染してしまった神経をとりのぞき、
きれいに掃除した上で再び封鎖します。
その後、中がきれいになったら最終的な充填物を根管に入れていき、
土台を立てて、土台の上にかぶせ物をしていきます。

治療にかかる期間はその人のもつ免疫力や、元々の虫歯の大きさにもよります。
治り方も個人差があるので一概にあと何回とは言えません。
特に根っこの先に膿が溜まっている場合は、膿を出し切るのにも時間がかかりますし、
何ヶ月もお薬交換をする場合もあります。

歯が痛い、咬むと痛みを感じる、
歯茎から膿がでるといった場合は根の治療が必要な場合がありますので、
気になる症状がありましたらぜひご来院下さい。
また根管治療をされている方は、大変だと思いますが根気強く通ってきてください。

■ 他の記事を読む■