歯と花粉症って関係あるの?

投稿日:2019年2月4日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

題名:「歯と花粉症って関係あるの?」
こんにちは!歯科助手の佐藤です。

気づけば2月に入りましたね。
昨日は節分でした。昔から季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていて、それを追い払うため、一年の無病息災を願うために豆まきを行うそうです。
「鬼は外、福は内」と声を出しながら豆をまき、年齢の数だけ豆を食べる。または、1つ多く食べると体が丈夫になり、風邪を引かないとされています。
豆まきをして、年の数だけ豆を食べましたか???

そして、今日は立春です。
「冬が極まり春の気配が立ち始める日」という意味があるそうです。
暦の上では、春のはじまりを迎えますが、暖かくなるのはいつなのか・・・。早く暖かくなって欲しい!!
ただ、暖かくなるとやってくる嫌なヤツがいますね。

そう、花粉です!!
早い地域だと先月あたりから飛び始めていますよね・・・。

その花粉ですが、実は歯と関係があるって知っていましたか?
全く関係ないように見えますが、「上の奥歯が痛い」と来院される方が増える時期なんです。
このような症状が出る理由は、花粉症が鼻にくる人が多く、鼻粘膜の炎症部分が上の奥歯に近いために、「鼻が痛い=上の奥歯が痛い」と勘違いしてしまうためなんです。

では、なぜ、勘違いしてしまうのでしょうか?
実は鼻から頬骨と歯の間に骨に囲まれた空洞(副鼻腔)というものがあり、そのひとつに上顎洞(じょうがくどう)という部分があります。
ここが鼻腔とつながっていて、その空洞の内側が鼻腔とひと続きの鼻粘膜で覆われているため、普段は鼻で吸った空気が上顎洞で加湿・温度調整されて肺に入ります。
そして、鼻炎や花粉で鼻水が出てくるのが、上顎洞になります。鼻水のせいで炎症を起こした上顎洞で痛みが出ると、ここが上の奥歯の根の先端に近いので「上の奥歯が痛い」と勘違いしてしまうのです。
この痛みに特徴は、「噛むと痛い」「歩くと響くような感覚がある」などですが、虫歯ではないので「冷たい物がしみる」ということはありません。
レントゲンを撮れば、鼻炎や花粉症による歯の痛みなのか、虫歯による歯の痛みなのかがわかります。

ただ、このような症状が出ていても、なかなか歯医者に行こうとは思いませんよね?

ですが、花粉のせいだけではなく、実は虫歯が原因で痛んでいるのかもしれません!
放置した虫歯が原因で上顎洞に最近が入り、鼻炎になることもあります。

これは検診を受けるチャンスです☆
どうしようかな・・・と悩んだ時は一度、ご来院ください(^^)症状がひどくなる前に治療をスタートしましょう!
スタッフ一同、お待ちしております☆