スマホと口臭の関係

投稿日:2019年3月6日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

こんにちは!
歯科助手の前田です。
20~30代のスマホ使用率が90%を超えた昨今、
私もその中の1人なのですが、

スマホを長時間利用した場合、
口臭が強くなりやすいそうなんです!
いまやすっかり日常生活に欠かせなくなったスマートフォン。
そんな便利なアイテムが、使い方によっては、あなたのお口をクサ~くする原因になっています!

特に冬は湿度の低下や暖房の影響で、髪や肌だけではなく、
口の中が乾燥しやすいので、口臭が強くなりやすい季節。
スマホ口臭の影響が出やすくなります!

スマホを長時間使った人でデータを集め、口臭が確認されるタイミングを調べた結果、
「1時間以上スマホを使っていると臭いの数値が上がる。」ことに行きついたそうです。
「いったんスマホの使用をやめると数値は下がりますが、また集中して1時間以上使うと数値が上がる。」そうです。
明らかに口臭の原因と考えられますね!

スマホを長時間していると、体を動かさずに画面を見つめているため、過緊張状態になります。
すると、交感神経優位の状態を招き、唾液の分泌量が少なくなります。
また、スマホ使用時に特徴的な
うつむいた姿勢は、のどにある唾液腺を圧迫し唾液を出にくくさせ
さらに、スマホ使用中は集中するのであまり顎を動かさなくなり、これも唾液の分泌量が乏しくなる要因になります。
その間、舌に残った食べかすをエサに“口臭発生菌”が増殖します。
唾液には口の中を掃除する役目もあるのですが、唾液が出ないと口臭はさらにきつくなります。
これらの菌は臭いの原因となるほか、毒素を発生することもあり、
歯肉から毒素が全身に回ると、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。

スマホを使わない生活ができなくても、長時間の利用を控えることはできると思います!
使うときは15~20分
長くても30分を目安に休憩を挟みましょう♪
プルーンやドライイチジクなどは、体に潤いを与えてくれるので
1日に2.3個食べるようにすると、乾きが癒す効果もあるので
間食に取り入れてみてはいかがでしょうか(❛ᴗ❛)✧

また、唾液腺のマッサージや
舌・あごを動かし、唾液分泌を促す体操を実践することで、
口臭を予防しましょう☆