✿ドライマウス(口腔乾燥)について✿

投稿日:2019年6月18日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

こんにちは、歯科衛生士の山下です。今回はお口の乾きについてお話します。

口の渇きや唾液が出にくいといった、ドライマウス(口腔乾燥症)が増えています。
具体的には口や喉、唇の乾きを感じる、夜間に口が乾いて目が覚めることがある、
パンやビスケットなどの乾いた食べ物が飲み込みにくくなる、入れ歯が合わなくなるなどの症状や、
乾燥状態が続くことで口の中がピリピリし、舌に痛みが生じることもあります。
ドライマウスを放置しているとむし歯・歯周病・などが悪化しやすくなり、強い口臭、
舌表面のひび割れ、痛みで摂食障害、会話しづらいなどの障害も現れます。
このようにドライマウスはお口の健康に大きな影響を及ぼすのです。

【ドライマウスの原因】
*加齢に伴う唾液分泌機能の低下
*服用しているお薬の副作用
…抗うつ剤、鎮痛剤、抗パーキンソン剤、降圧剤などの多くの薬物の副作用として唾液分泌の低下があります
*生活習慣によるもの
…口呼吸を習慣にしているとお口が乾きやすくなります。
…飲酒や喫煙の習慣も唾液分泌量を減らす一因です。
*ストレス
…ストレスがかかると、自律神経の作用により唾液分泌量が低下します。

【ドライマウスの対策】
*よく噛んで食べる
*こまめに水分を補給する
*夜更かし・深酒・喫煙などの生活習慣を改める
*刺激の少ないうがい薬や歯みがき剤を使用する
*唾液腺マッサージをする

✿唾液腺マッサージのやり方
お口の中には主に3つの大きな「唾液腺」があります。
唾液腺のポイントをマッサージして刺激してあげることで唾液の分泌を促す効果があります。
痛くない程度の力でやさしく押しましょう。食事前や、お口の乾きやすい起床時・就寝前に行うことが効果的です!

① 顎の先のとがった部分の内側を、両手の親指で押します。
② 顎の骨の内側のやわらかい部分に指を当て、耳の下から顎の先までやさしく押します。
③ 耳たぶのやや前方、上の奥歯あたりの頬に人差し指をあて、やさしく指全体で押します。

お口の乾きでお困りの方は是非参考にしてみてください。
また歯科医師や歯科衛生士にもお気軽にご相談ください!