矯正治療は痛い?矯正時に伴う痛みの原因とは?|津田沼の歯医者|徳壮会新津田沼歯科クリニック

キッズコーナー

訪問歯科診療

平日19時まで診療 / 土・日曜日診療

抜かない治療にこだわります

初診WEB予約

ACCESS:JR津田沼駅北口2分/新津田沼駅1分

047-478-8841

千葉県習志野市津田沼1-10-40 ダイワビル3F

矯正治療は痛い?矯正時に伴う痛みの原因とは?

投稿日:2022年6月20日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

矯正治療は痛い?矯正時に伴う痛みの原因について

矯正治療時に感じる痛み

矯正治療には多少の痛みを伴うことがあります。痛みの度合いについては個人差があり、また痛みを感じる原因も様々です。

今回のブログは、矯正治療の際に感じる痛みの原因について解説したいと思います。

矯正治療に感じる痛みの原因とは?

矯正装置を装着・調整する際の痛み

矯正装置を装着する際や治療の進行に応じて装置を調整する時などに痛みを感じる場合があります。装着後、調整後すぐは特に痛みや違和感を感じやすく、慣れと共に少しずつ気にならなくなります。

歯が移動する際の痛み

矯正治療では、装置によって継続的に歯に力を加えることで歯槽骨(歯を支える骨)が吸収・再生を繰り返し、少しずつ理想の位置へと動かしていきます。そのため、歯の移動時に生じる骨吸収の際に多少の痛みを伴います。

咀嚼時の痛み

矯正装置を装着後や調整後すぐは歯の引っ張る力を強く感じるため、痛みや違和感を感じることがあります。また、矯正装置に慣れるまでは食事で物を噛む際に痛みを伴うことがあり、人によっては通常の食事が困難となることもあります。

口内炎・炎症の痛み

矯正装置が粘膜に触れて刺激されると、口内炎ができることがあります。また、装置周辺が不衛生になると、細菌の繁殖によって炎症が起こる場合などもあり、多少の痛みを生じます。

老廃物の蓄積による痛み

矯正治療では、歯の移動に伴って血管や神経なども動かされるため、一時的に歯周組織が引き伸ばされてしまい、血液の流れが悪くなってしまうことがあります。血流が悪くなると、老廃物が蓄積して神経などを圧迫するため、痛みを感じる場合があります。

矯正装置による損傷の痛み

ワイヤーを使用する矯正装置の場合は、歯の表面に貼り付けたブラケットやワイヤーが口腔内の粘膜や舌などに接触して損傷することがあり、痛みを感じることがあります。

抜歯による痛み

矯正治療で歯を動かすためのスペースが足りない場合は、抜歯が必要となることがあります。そのため、抜歯後に傷口が治癒するまでの間は痛みを感じる場合があります。

矯正治療では、上記のように痛みを伴う原因がいくつかありますが、どれも一時的なもので我慢できないような痛みではありません。また、医院によってはできるだけ痛みが強くならないよう、様々な対策や工夫を行っておりますので、どうぞご安心ください。

津田沼で歯並び・噛み合わせの改善をご希望の方は、ぜひ徳壮会新津田沼歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。

矯正歯科・小児矯正ページ>>

トップへ戻る