歯と歯の間のお掃除

投稿日:2017年10月18日

カテゴリ:新津田沼歯科ブログ

こんにちは、歯科衛生士の松原です。
今回は歯と歯の間のお手入れについてのお話です。

みなさんは、回数こそ違っても、
毎日欠かさず歯磨きはされているかと思います。
では、歯と歯の間のお掃除はどうでしょうか?
歯磨きと一緒に毎日されていますか?

歯と歯の間には、歯ブラシだけでは取り除けない、
プラーク(歯垢)や食べかすが残っています。
虫歯や歯周病の原因はこの取り残したプラークです。
虫歯の90%は歯と歯の間からです。
また歯周病も歯と歯の間から進行しやすくなっています。
実際に歯ブラシだけだと歯と歯の間のプラークは
約60%しか落とせないと言われています。

しかし歯間ブラシやフロスを併用することで、
プラークの除去率は80%~90%に上がってきます。
そこで、歯間ブラシやフロスを使って、歯ブラシでは取り切れない、
歯の歯の間のプラークや食べかすを取り除いて
虫歯や歯周病を予防することが大切になってくるのです!

お口の中の状態は人それぞれです。
歯間ブラシとフロスのどちらが適しているのか?
それぞれの使い方、歯間ブラシのサイズ選びなど、
一人ひとりに適したものを選ばせていただきます。
どうぞお気軽にご相談ください(^-^)

■ 他の記事を読む■